【この差って何ですか】プレミアム硬貨ベスト5!昭和&平成&令和

お金の節約術

2019年5月14日放送の「この差って何ですか」

ここでは「昭和」と「平成」のプレミア硬貨ベスト5と
「令和」のプレミアム硬貨の紹介!

2020年4月14日にも放送されました。

スポンサードリンク

「昭和」と「平成」のプレミア硬貨の差

「プレミア硬貨」とは?

普段使っているお金の中には、
「他の年に比べて、発行枚数が少ない」などの理由から、
金額以上の価値がある「プレミア硬貨」と呼ばれるモノがあります。

そして、新元号「令和」がスタートし、
およそ20年ぶりに「1万円札」「5千円札」「千円札」や
「500円硬貨」のデザインが 新しくなることによって、
もう造られることのない「昭和」や「平成」の「プレミア硬貨」の価値が、
さらに上がると言われています

今回は「昭和」と「平成」に発行された金額以上の価値がある
「プレミア硬貨」を「価値のアップ率が高い順」に
ランキングにして、「昭和」と「平成」それぞれの「ベスト5」を紹介。

※今回のプレミア硬貨の金額は、
「買取価格」ではなく、「販売価格」。
「硬貨の状態」によって、
値段が変わることがあるとのことです。

コイン鑑定士の寺田実さんに教えていただきました。

昭和のプレミア硬貨ベスト5

5位:昭和62年の500円玉

アップ率が4倍、2,000円の価値。

発行枚数が、一番多いとき6億枚作っているが、
この62年は270万枚しか作ってないため。


スポンサードリンク

4位:「昭和33年の10円玉

アップ率が10倍、100円の価値。

これは、淵にギザギザがある、
通称「ギザ10」と呼ばれているモノで、
発行枚数が少ないため。


3位:昭和32年の5円玉

アップ率が50倍、250円の価値。

これは、書体が違うモノ。
昭和24年〜33年まで作られていて、
中でも昭和32年が極端に少ないため。


2位は:昭和62年の50円玉

アップ率が60倍、3,000円の価値。


1位:昭和61年(後期)の10円玉

アップ率が2,000倍、20,
000円の価値。

昭和61年には、前期と後期の2種類があり、
デザインが変わった「後期」は
極端に発行枚数が少ないため、
2万円もの価値があるとのことです。


平成のプレミア硬貨ベスト5

5位:平成13年の100円玉

アップ率が7倍、700円の価値。


4位:平成21年の5円玉

アップ率が40倍、200円の価値。

3位:平成22、23、24、25年の50円玉

アップ率が60倍、3,000円の価値。


2位:平成22、23、24、25年の5円玉

アップ率が600倍、3,000円の価値。


1位:平成23、24、25、29、30年の1円玉

アップ率が3,000倍、3,000円の価値。

世の中どんどんキャッシュレス化になり、
1円、5円は使わない。

需要がなくなり、結果として発行を極端に抑えるので、
希少性が高まるとのことです。

令和のプレミアム硬貨

令和の硬貨で、既に3000倍の価値に
高騰している硬貨があります。

それは令和元年の1円玉です。

なぜ令和元年の1円玉にに3000倍の価値が
あるのでしょうか?

それはキャッシュレス化が進み、
1円玉で払う機会が減り、1円の需要が減り
希少性が増して価値が上がったためとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ