【たけしの家庭の医学】便秘改善に腸が開く簡単リラックス法!

便秘、トイレ、女性

2019年5月14日放送の「たけしの家庭の医学」の
便秘を改善する科

名医お薦めの便秘改善!
腸が開く簡単リラックス法も大公開!

スポンサードリンク

画期的な便秘改善法

これまで番組ではエシャレットやキウイフルーツなど
様々な便秘改善法を紹介してきました。

しかし、今回は全く新しい画期的な便秘改善法。

国立病院機構 久里浜医療センターの
水上健先生の便秘改善法は、
水上先生が1本電話をするだけ。

そこで、水上先生からの電話1本で
しつこい便秘は改善するか検証。

数十年来の便秘に悩む
大島さんと小林さん2人が挑戦。

まず大島さんが水上先生からの電話を受けます。
5分で電話は終了。

続いて小林さんに電話。今回も5分で終了。

大島さんは電話から3時間後に2週間ぶりの
お通じが来ました。

さらに3日後には健康的なバナナ便が出ました。

小林さんは電話から6時間後にお通じがきました。

良くて4日に1回だったのが
6日連続でお通じがきたとのこと。

先生の電話のポイントは
「少しぐらいでなくても不安にあることはない。
大丈夫ですよ」などといい
不安を取り除くことでした。

これは、けいれん性便秘が改善したため。

けいれん性便秘は、お通じが無いことを悩んだり
出そうとすることがストレスになり
大腸の動きに異常が起こってしまう便秘のこと。

先生の診察経験では治りづらい便秘の約5割が
このタイプの可能性があるとのこと。

番組ではけいれん性便秘が起こる瞬間を撮影。

大島さんの大腸を内視鏡でみると
ストレスで収縮し、完全に閉じていたのでした。

けいれん性便秘の見分け方

・便の形が1~2cmのコロコロ
ストレスや不安で大腸が収縮を繰り返すことで、
便がどんどん圧縮して水分が失われてしまうため。

・生活環境が変わると便秘になる人
ストレスを受けやすい人がなりやすい

この2つが該当するとけいれん性便秘の可能性大。

腸が開く簡単リラックス法

水上先生の電話がなくても
閉じた腸を開かせる簡単な方法。

水上先生が便秘改善のリラックス法を伝授。

それは便秘の悩みが頭に浮かんだら
目を閉じてふーっと深呼吸をすること。

1.2秒かけて息を吸う。

2.5秒かけてゆっくり息を吐く。

少しくらいお通じがなくても大丈夫と
心の中でつぶやくのがポイント。

たったこれだけで閉じた腸が
開いてきます。




【たけしの家庭の医学】イワシのホイル焼き&漬け丼のレシピ!EPAやDHAを効率よくとる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ