【それって実際どうなの課】麺昇 神の手の火炎ラーメン天国!森三中大島 バカヤロウ飯

台湾ラーメン味仙

【イメージ画像】

2019年5月16日放送の「それって!?実際どうなの課」の
大島寅さんのバカヤロー飯のコーナー。

「麺昇 神の手」の「火炎ラーメン天国」の紹介!

スポンサードリンク

「麺昇 神の手」の「火炎ラーメン天国」

森三中・大島が寅さんに扮して
話題のグルメを食べる大島寅さんのバカヤロー飯。

今回食べるのは「麺昇 神の手」の「火炎ラーメン天国(辛さ天国増し)」。

店長の後藤さんは白金の有名鉄板焼店「甚六」で
13年働いていたとのこと。

火炎ラーメン天国は8種類のスパイスが入っいて
スープは真っ赤。

そして、ラーメンは炎をあげて燃えていました。
スープの周りにウオッカを入れて燃やしている
のだそうです。

辛いものが苦手な大島さんは一口食べて
泣き出したのでした。

この店では辛さ対策として甘いアメが置いてあるが、
アメを食べても辛いとのこと。

渋々麺を食べたのですが、舌が麻痺。

辛くて食べられず、結局普通のラーメンを注文。
「これが天国ですよ」といったのでした。




♪————————-♪
お店:麺昇 神の手
住所:東京都杉並区梅里1-18-12
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ