【ヒルナンデス】薄毛・抜け毛・ダメージヘア対策!髪の紫外線対策

髪の毛、女性

2019年5月16日放送の「ヒルナンデス」の
予防の間違い探すンデス!

紫外線による
薄毛・抜け毛・ダメージヘア対策を
皮膚科医の髙橋栄里先生が解説。

スポンサードリンク

ダメージヘア対策について

5月は平均紫外線が一番強い時期。

肌だけでなく髪にも紫外線ダメージを受けてしまう。

しかし、紫外線を浴びるとキューティクルが剥がれ
ツヤのない髪となってしまいます。

皮膚科医で毛髪診断士の資格も持つ
髙橋栄里先生に教えていただきます。

女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法―髪のお医者さんが教える

Q:シャンプー前に髪をとかすのは正しい?間違い?

A: 正しい

ブラッシングをすることで、
頭皮についた汚れを浮かび上がらせたり
髪についたホコリや汚れも落としてくれる効果があります。

さらに髪のもつれをとっておくことで
シャンプーの泡が全体に行き渡りやすくなります。



シャンプー前に髪のダメージを抑える方法

シャンプー前に髪のダメージを抑える方法は
シャンプーをする前に「予洗い」をする。

「予洗い」というのはお湯だけで髪を洗うこと。

頭皮を温めるように、頭全体をお湯で洗うことで
毛穴が開き、余分な皮脂が落ちやすくなり
泡立ち・泡落ち良くなることですすぎ残しも少なくなります。

Q:寝るときに髪を縛ると髪が傷む 正しい?間違い?

A:間違い

健康的な髪であれば問題ない。

さらに寝不足によってホルモンバランスが
乱れる方が毛が生えにくいなどの問題が
起きてしまうため
髪が引っかかって眠りにくい場合は、
髪をゆるく縛って、ぐっすり眠った方が
健康的な髪につながります。

また、枝毛を抜くことはよくなく、
毛根にダメージがある。

気になる場合はななめではなく
真横に切ると枝毛になりにくい。



Q:ドライヤー前に濡れた髪をとかすのは正しい?間違い

A: 正しい

お風呂上がりの髪の毛を、タオルでふいただけでは
濡れた髪がくっついたり、絡まったり、
毛が束になってしまいがち。

束状態にまとまった髪はなかなか乾きにくく、
ドライヤーの熱を長く当ててしまうことに。

しかも濡れた髪は、熱で傷みやすいため、
素早く乾かせるよう髪の絡まりを取るのが肝心。


先生おすすめのドライヤー前のブラッシングに使うクシ

濡れた髪の毛はキューティクルが開いている状態。

そのキューティクルを傷つけてしまうため、
目の細かいクシはNG。

目が荒く、太いクシを使うのがオススメ。



先生おすすめのドライヤーのかけ方

髪を乾かした後、最後に冷風でブローする。

髪のキューティクルは冷えると閉まる傾向にあるため、
仕上げに冷風でブローすることで、
ツヤのある綺麗な髪の毛になります。

ドライヤーは下から風を当てて
頭皮を乾かしてから毛の流れに沿って
先の方を乾かしていくという使い方が良い。

Q:トリートメントはしっかりすすぐのは正しい?間違い?

A: 間違い

トリートメントは、主に髪の内部を補修し、
髪の表面をつるつるに補修する効果も期待できますが、
この時すすぎすぎてしまうと、せっかくつけたトリートメント成分が
全て落ちてしまい、効果が十分に発揮されない。

先生によるとすすぎの目安は、
トリートメントをつけた時のぬるぬる感がなくなり、
手で触ると髪がするする滑るくらいとの事。

コンディショナーやリンスとはどう違うのかというと
はっきりした区別はないが
コンディショーナーやリンスは一般的には髪表面をつるつるにするが
トリートメントは髪の内部を修復する効果があるとのことです。。


Q:ヒジキやワカメを食べると髪がフサフサになる 正しい?間違い?

A: 間違い

ヒジキなどに含まれるミネラルは、
髪の健康には欠かせない栄養素の一つ。

しかし、ヒジキばかり食べていても、
髪がフサフサになるということはない。

髪の毛は「ケラチン」という、タンパク質を一度分解し
ビタミンとミネラルを使って再合成したものでできています。

ひじきなどの海藻類は、ミネラルは十分ですが、
他の栄養が不足すると、十分な量のケラチンを作れないため、
これだけで髪がフサフサになるわけではありません。



抜け毛を気にする方におすすめの飲み物

抜け毛を気にする方におすすめの飲み物は豆乳。

豆乳に含まれる「イソフラボン」には、
髪を抜けやすくする男性ホルモンの働きを抑える
女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きがあります。

ただし、豆乳だけ飲めばいいということはありません。
バランスの良い食事を心がける事が大切とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ