【世界一受けたい授業】がん予防に効果的な食材はにんにく!おすすめがん検診トップ3!

医者

2019年5月18日放送の「世界一受けたい授業」
に学ぶ!話題の本「がんにならない方法を教えてください」

がん予防に効果的な食材や
おすすめがん検診トップ3は?

スポンサードリンク

話題の本「がんにならない方法を教えてください」に学ぶ!

教えてくれるのは「がんにならない方法を教えてください」
の著書、健康増進クリニックの水上治先生。

がん予防に効果的な食材

アメリカの国立がん研究所で
がん予防に効果が期待できる食べ物が
発表されました。

それはにんにく。

にんにくに含まれる、
ジアリルトリスルフィドなどの成分が
がん細胞の増殖を抑えてくれるという
研究結果が出ました。

1日ひとかけら食べるのがおすすめ

においにがん予防効果のある成分があるため、
無臭にんにくでは効果がないとのことです。

スポンサードリンク

また、特に気をつけるのが食材のカビで、
輸入ピーナツやトウモロコシのアフラトキシンは
発がん性が強いため注意が必要とのこと。

激しい運動は逆効果

普段運動をしない人が急に激しい運動をすると、
細胞を傷つけて免疫機能が低下してしまう原因となり
逆効果に。

階段を使ったり、1駅分歩くなどの
軽い運動でも十分とのこと。

がんは遺伝する?

全てのガンが遺伝するわけではない。

大腸がんや乳癌は影響されやすいが、
肺がん、胃がん、食道がん、喉頭がん、腎臓がん、
肝臓がん、甲状腺がん、すい臓がん、子宮頸がんなどは
遺伝に影響されにくい。

家族もがんになるのは食生活、
生活習慣が似てくるため。

受けたほうがいいがん検診トップ3

3位:肺がん

2位:大腸がん

1位:胃がん


免疫力を高めることが大切

がんになってしまった場合、
闘うために免疫力を高めることも重要。

そして、生きがいを持つことで免疫力を高めることが
可能とのこと。

中学校教師だった畠山さんは67歳で血液のがん
「悪性リンパ腫」だと診断されました。

胃・ひ臓・すい臓にも転移し、
末期状態のステージ4で余命は3か月。

手術で胃・ひ臓を全て摘出、
抗がん剤治療も続けました。

陽一さんは妻とヒマラヤに登ることが夢でした。

医者が反対するにもかかわらず
登頂のため退院してウォーキングを開始。

余命を越えて5ヶ月後に体調は安定、
そしてヒマラヤの1つ標高5360mのゴ
ーキョ・ピークの登頂に成功したのです。

その後は16年も生き続け、83歳で生涯を終えました。

がんは治療法、気持ちで大きく変わる病気なので、
新たな趣味や生きがいを見つけ、
充実した生活を送ることが大切なのだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ