【名医のTHE太鼓判】シミ、しわの改善にシナモンが効果的!毛細血管を修復

シナモン

2019年5月20日放送の「名医のTHE太鼓判」

皮膚がんについてや
シナモンがシミしわの改善に
期待できることなどを紹介!

スポンサードリンク

皮膚がん

皮膚がんにくわしい川端康浩先生によると、
簡単に皮膚がんを見つける3つの方法がある
とのこと。

一般的なシミは左右対称で色が均一な場合が多いが、
危険なシミは歪な形で色がまだらで徐々に大きくなる。

シミの色

一般的なシミは褐色ですが、
赤くなるようなシミは要注意。

触感

つまむと硬かったり、盛り上がったほくろやイボは危険。

皮膚がんの原因の8割は紫外線。
日光から身を守るのが重要。

隠れジミ

隠れじみは、これからあらわれるだろうシミ。

隠れジミの原因は紫外線と加齢で
肌が再生できなくなること。

野呂佳代さんは皮膚に炎症が見られました。

私生活をチェックすると
化粧品を一切使わず、1日3回の洗顔をしていました。

洗いすぎて皮脂を落としすぎると
角質がなくなり、紫外線をダイレクトに受けるため
逆効果とのこと。

西川礼華先生によると、
日光角化症になるリスクがあるといいます。

日光角化症とは、日光がよく当たる部分にできる発疹で、
うち数%が皮膚がんに移行すると言われている。

紫外線が原因なので、紫外線ケアをしていない人は
非常に危険とのことです。

シミ、しわの改善にシナモン

スポンサードリンク

シミ、しわの改善には
スパイスの王様・シナモンがいい。

量は1日小さじ半分(0.6g目安)をとるだけ。

シミやシワの原因の一つは毛細血管の欠如。

血管が細くなったり無くなるとメラニン色素が刺激され、
シミやシワになります。

しかしシナモンには毛細血管を修復する作用があり
1日に小さじ半分程度で毛細血管がよみがえるのだそうです。

しかし、シナモンを多量に摂取すると
肝機能障害になる可能性があるため、
1日小さじ半分が適量。

1週間のシナモン生活の結果

遼河はるひさんと野呂佳代さんの2人が、
シナモンでシミ・シワの改善生活を送りました。

遼河はるひさんは
はちみつをかけたさつまいもに
シナモンをたして食べていました。

※さつまいもは食物繊維、蜂蜜には
腸内環境を整える作用があります。

フルーツは夜食べていました。

※柑橘系には紫外線の吸収を助長する
ソラレンが含まれます。
朝昼に食べると、シミシワになりやすい。

野呂佳代さんは
キムチ鍋にシナモンをかけて食べていました。

おいしいそうです。

隠れジミの数は
遼河はるひさんは173個から135個に減少し、
野呂佳代さんは103個から95個に減少しました。



5月20日の名医の太鼓判

【名医のTHE太鼓判】血管年齢を若返らせるNOを増やす方法は?

【名医のTHE太鼓判】肺年齢改善にすりおろしリンゴソースと千手観音体操のやり方

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ