【名医のTHE太鼓判】肺年齢改善にすりおろしリンゴソースと千手観音体操のやり方

医者

2019年5月20日放送の「名医のTHE太鼓判」は
血管・肺・肌の人間ドック
芸能人余命宣告SP

ここでは肺年齢を若返ることが期待できる
すりおろしリンゴソースと
千手観音体操のやり方を紹介!

スポンサードリンク

肺疾患

お年寄りの病気と思われがちな肺疾患ですが、
30代、40代に急増しているのだそうです。

肺は一度悪くなると若返りにくいが、
呼吸筋を鍛えれば呼吸筋が強くなり
肺を若返らせることができる。

大谷先生は、肺を若返らせる方法として
千手観音体操を紹介してくれました。

千手観音体操のやり方

1.足を肩幅に開く

2.手を合わせ息を吸い込む

3.息を吐きながら手を合わせたまま
腕を真上に伸ばしお腹がへこむのを意識する。

4.千手観音のように、手をゆっくり伸ばして下ろす
※左右の肩甲骨をくっつけるイメージで

1日30回行う。

この体操を1日30回行うことで、
横隔膜などの呼吸筋がほぐれて
肺を若返らせる効果が期待できるとのこと。

すりおろしリンゴソースの作り方

リンゴにふくまれるポリフェノールが血流を良くし、
硬くなった呼吸筋をやわらげて
肺機能を上げてくれます。

スポンサードリンク

ポリフェノールは皮に多く含まれています。

管理栄養士の赤石定典先生が、
リンゴの皮の成分も丸ごと食べて健康効果アップの
「すりおろしリンゴソース」の作り方を
教えてくれました。

以前紹介してくれたニンタマスみそ汁の
すりおろしりんごバージョンです。

【名医のTHE太鼓判】ニンタマス味噌玉&みそ汁のレシピ!血管が若返る

『材料』
ごま油 大さじ2

すりおろしたまねぎ 1/4

すりおろしにんにく 少々

りんご 1玉

醤油 大さじ2

お酢 大さじ1

『作り方』
1.フライパンにごま油を入れ火かける

2.すりおろし玉ねぎ、すりおろしにんにく、
すりおろしりんごを入れる

3.醤油とお酢を入れて煮詰めればできあがり!

万能ソース。

お肉やお魚にかけたり
冷やしトマトにもあうそうです。

2週間の千手観音体操とすりおろしりんごソースの結果

くっきー・重盛・ユージの3人が、
2週間の千手観音体操とすりおろしりんごソース
改善生活に挑戦。

改善前の肺年齢が42歳だった重盛さとみさんは31歳に、
51歳だったユージさんは45歳に、
64歳だったくっきーは53歳に改善したのでした。



5月20日の名医の太鼓判

【名医のTHE太鼓判】血管年齢を若返らせるNOを増やす方法は?

【名医のTHE太鼓判】シミ、しわの改善にシナモンが効果的!毛細血管を修復

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ