【ヒルナンデス】梅雨時期の洗濯方法!においを防ぐ部屋干しの方法など

洗濯物干す

2019年5月23日放送の「ヒルナンデス」の
洗濯の間違い探すンデス!

意外と知らない
梅雨時期の洗濯の基本について紹介!

スポンサードリンク

梅雨時期の洗濯

教えてくれるのは
洗濯ソムリエの松延友記さん。

洗濯物の生乾き臭の原因は
生乾きの湿った洗濯物に潜む
モラクセラ菌。

モラクセラ菌は水や皮脂を栄養分にして
糞のようなものを出すのだそうです…。

Q:梅雨の時期洗濯物を窓際に干すのは正しい?

Q:梅雨の時期洗濯物を窓際に干すのは正しい?



A:間違い

一見太陽に当たって速く乾きそうに思えますが、
窓際に洗濯ものを干すと、窓側部分には
空気の通り道があまりないため、湿った状態に
なってしまう。

これが生乾きの原因を作り出してしまいます。

部屋干しをする場合は、廊下が最適。

廊下は空気の流れがいいので
他の場所に干すよりも早く乾きます

ドアを開けて空気が通り抜けるように干します

※洗濯物を干した下に新聞紙を
くしゃくしゃと丸めて置くとよりよい。



Q:アイロンをかけてから干すのは正しい?

Q:アイロンをかけてから干すのは正しい?



A: 正しい

洗い立ての洗濯物にアイロンをかけると
高温による殺菌効果で、熱に弱い雑菌を
死滅させることができます。

そうすると臭いの原因、モラクセラ菌が
発生しにくくなります。

スポンサードリンク

アイロンをかけるのでシワも伸びます。



Q:パーカは逆さに干すのは正しい?

Q:パーカは逆さに干すのは正しい?



A:正しい

パーカは分厚い面が多かったりして
乾きが悪くなり
生乾きの臭さの原因に。

そのため、裾をハンガーピンチで止め
逆さに万歳干しするのがおすすめです。

角ハンガーに干して、中に空洞ができるように
干すとパーカの中に空気の流れができて
より乾きやすくなります。



Q:脱いだ洗濯物を洗濯機に入れておくのは正しい?

Q:脱いだ洗濯物を洗濯機に入れておくのは正しい?



A: 間違い

脱いだ洗濯物を洗濯機にためると、
前回洗濯した時の水分が
蒸発しにくくなってしまいます。

そのためモラクセラ菌などの菌が
洗濯槽の中で繁殖してしまう可能性が。

菌の発生を抑制するためには、
洗濯槽を乾燥させておくことが大事。

洗濯が終わったら、洗濯機の蓋は
開けておき、脱いだ洗濯物は
洗濯かごに入れるようにします。



Q:色が濃い物や柄物でも漂白剤を使うのは正しい?

Q:色が濃い物や柄物でも漂白剤を使うのは正しい?


A:正しい

色が濃い物や柄物に漂白剤を使うのは正しい。
ただし、酸素系の漂白剤を使うようにします。   

漂白剤には大きく分けて
塩素系と酸素系の2種類があります。

塩素系の漂白剤は漂白力が強く
色の成分も脱色してしまう恐れがありますが、
酸素系の漂白剤は
色の成分を脱色しにくい色柄物にも使うことができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ