【ソレダメ】腹ペタ体操のやり方!ぽっこりお腹解消に

ストレッチ、体操、伸び

2019年5月29日放送の「ソレダメ!」は
健康お金ぽっこりお腹解決SP

ここではぽっこりお腹解消に
腹ペタ体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

腹ペタ体操とは?

下腹ぽっこりに悩んでいる女性は多い。

そんな中で話題になっているのが
「奇跡の3日腹ペタ」。

わずか3日で下腹ぽっこりを
解消することができるといいます。

呼吸を変えるだけで腹ペタになるといいます。

呼吸が浅いとお腹まわりの筋肉が弱まり、
前傾姿勢に。

すると腹腔内の隙間がなくなり、
やわらかいお腹の前面に
内臓が出てきてしまいます。

深い呼吸で横隔膜全体を動かすと
内臓が元の位置に戻り、
ぽっこり下腹が解消されます。

呼吸が浅くなる原因の1つが背骨の硬さ。

背中を柔らかくすることで、
より深く息を取り込むことができるとのこと。


正しい呼吸法

1.「ニー」という口を作り、
鼻から5秒で息を吸う。

2.「スーッ」と音を立てて8秒で息を吐く。

スポンサードリンク

※この時おなかをへこませる意識で。

背中を柔らかくする体操

背中が固いと吸い込む息の量が少なくなり、
それがぽっこりおなかの原因に。

そこでまずは背中をやわらかくすることが大事。

1.椅子に浅く座る。

2.両腕をまっすぐ前に出して手のひらを合わせ
うずくまる

3.顏をうずめたまま、鼻から息を5秒かけて吸いこむ。
※背中に空気を入れる意識で

ちょっと手が違いますがこんな感じ↓

腹ぺタうずくまり呼吸

4.8秒かけて「すー」っと音を立てて口から
息を吐く

1日5回からはじめ、慣れてきたら
回数を増やしていきます。

おなかをへこませる体操

前に出てしまった内蔵の位置をもとの位置にし
ポッコリお腹を解消します。

1.「ニー」の口をして、
鼻から息を吸いながら手を斜め上にあげる。

手はパーの形に。

2.そのままの状態で8秒で口から息を吐く。
※おなかをへこませる意識で。

3.そのまま5秒で鼻から息を吸い、力を抜く。

これにより、前に出ていた内臓が元に戻ります。

こちらも1日5回からはじめ、慣れてきたら
回数を増やしていきます。

よろしければこちらもどうぞ↓
【梅ズバ】腹ペタ体操で3日で下腹ポッコリが消える!丸山桂里奈

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ