【あさチャン】ピンク筋肉を増やすスクワット&ツイスト腹筋のやり方!ダイエットに

ストレッチ、体操、伸び

2019年6月7日放送の「あさチャン」の特集。

ピンク筋をふやす巻き割りスクワットに続く
新エクササイズ、ツイスト腹筋のやり方の紹介!

スポンサードリンク

ピンク筋とは?

ピンク筋は
赤筋・白筋の両方を兼ね備えていて、
「糖」や「脂肪」を効率よく消費する筋肉。

ピンク筋は、運動中だけでなく、
睡眠中も積極的に脂肪を消費してくれます。

ダイエット効果や、糖尿病の予防にも期待できる筋肉。

そんなすごいピンク筋はすべての人が持っていますが
その量は少ない。

そこでピンク筋を増やす
「薪割りスクワット」を
久野譜也先生が教えてくれました。

まき割りスクワットのやり方

1.足を肩幅に開いてまっすぐ立つ。

2.胸の前で手を組んで、腕をまっすぐ前に伸ばす。
※腕と地面が水平になるように伸ばす

3.4秒数えながら、お尻を後ろに突き出すイメージで、
腰を下ろしていく。

※膝がつま先よりも前に出ないようにする

4.③の姿勢をキープして、薪割りをするように
腕をゆっくり5回ふる。
※血圧上昇の危険があるため、スクワット中は息を止めず、
声を出して回数を数えます

5.ゆっくり3秒かけて元の姿勢に戻る。

まき割りスクワット



まき割りスクワット


これを1日10回3セット行います。

まき割りスクワットに挑戦

ピンク筋を増やすまき割りスクワットを
番組スタッフが10日間挑戦しました。

朝昼晩1日3回。
食事制限なし

【結果】
体重:86.4kg→84.1kg
-2.3㎏!

体脂肪率:28.1%→26.2%
-1.9!

ウエスト95.3cm→93cm
-2.3㎝!

スポンサードリンク

ダイエット大成功。

ツイスト腹筋のやり方

そしてピンク筋を増やす新エクササイズを
教えてくれました。

1.肩幅に足を開き、両手をひろげ、
片足立ちの姿勢を取る。

ツイスト腹筋

2.浮かせている足と、反対側の手を身体の中心に寄せ、
腹筋に力を込める。

ツイスト腹筋

3秒間姿勢を維持する。

※ロダンの考える人のような姿勢。

※この時、身体の中心に引き寄せる手は、握り拳。

4.再び、両手をひろげ片足立ちの姿勢に戻る。

※手順①の姿勢に戻る。

最初は元に戻るときに1度床に足をつけてもo.k

ツイスト腹筋

行う回数や目安

片足ずつ1セット10回を、1日2〜3セット行う。

週3日ほど行う

続けることが大事!
とのことです。






こちらもよろしければどうぞ↓
【世界一受けたい授業】ピンク筋トレダイエット!相撲&まき割りスクワットのやり方

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ