【あさイチ】きくらげのプリプリ感アップの戻し方&もどしたきくらげの保存法

2019年6月11日放送の「あさイチ」の
クイズとくもり 
知っているようで知らない!きくらげ大解剖

きくらげのプリプリ感がUPする戻し方&保存法

スポンサードリンク

きくらげの戻し方

「きくらげ」の「ぷりぷり感」をアップさせる方法を
中国料理店の料理長・林浩勝さんに教えてもらいました。

林さんは、乾燥きくらげをぷりぷりにするために
水で5時間かけゆっくり戻しています。

高い温度で戻すと、食感が悪くなる上に組織が壊れ、
栄養素が抜け出してしまうのだそうです。

けれども5時間かけるのはちょっと大変。

そこで、30分でぷりぷりに戻す方法を
教えてもらいました。

きくらげのプリプリ感がUPする戻し方

お湯 1リットル

砂糖 5g

炭酸水 250ml
(お湯の4分の1程度)

きくらげ(乾)適量

『作り方』
1.ぬるま湯に、砂糖、炭酸水を入れて
きくらげをいれて30分置く

※砂糖を加えることで、
きくらげと濃度が同じになり栄養が流れ出なくなる

炭酸水を加えることで、
泡がきくらげの表面を刺激しぷりぷりに。


戻したきくらげの保存方法

キクラゲは戻すと25倍ぐらいに増えます。

戻したきくらげはざるで水気を切り、
ジッパー付きの保存袋に入れる。

保存袋の中に水を少量加え
空気を抜きながらジッパーを閉める。

この状態で冷蔵庫で保管すれば
プリプリ感を保ちながら4~5日持つ
とのことです。


キクラゲのレシピはこちらをどうぞ↓
【あさイチ】絶品きくらげレシピ5品!きゅうりのピリ辛あえや卵炒め、炊き込みご飯

白きくらげのレシピはこちら↓
【あさイチ】白きくらげと手羽先のスープのレシピ!美容にもよい美肌スープ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ