【ヒルナンデス】梅雨のカビ予防対策!洗濯機、浴室、キッチン、エアコン、枕、顔

カビ、ばい菌

2019年6月17日放送の「ヒルナンデス」の
目からウロコの新常識~カビ編~

梅雨に激増!
専門家が教える目からウロコのカビ対策法

カビ研究30年の矢口先生が
今日から使えるプロの掃除法を教えてくれます!

スポンサードリンク

家庭の洗濯機、7割はカビに汚染されている

家庭の洗濯機の7割は
カビに汚染されているのだそうです。

家庭の洗濯槽の外側はカビだらけ。

洗濯機の中は湿度が高くなりやすく、
汚れのついた石鹸カスが栄養となり、
カビが生えやすい環境に。

洗濯機は2~3か月で洗浄する必要があります。

カビだらけの洗濯機では
生乾き臭が部屋干してさらに悪化します。


洗濯槽のカビを防ぐためには
洗濯機のふたは普段は開けておきます。

常に蓋を開けてくと、カビ発生が
少なくなります。

洗濯槽を洗濯カゴ代わりにするのはNG。


洗濯槽のカビを除去する方法

酸素系漂白剤と何かで
洗濯槽のカビを除去できます。

その何かとは熱いお湯。

1.水量と洗濯時間を最大に設定する。

2.45度~50度のお湯を洗濯槽の7割まで入れる。
浴槽の残り湯でも可

3.お湯を入れて10分ほど置く。
※洗濯槽のカビがお湯でふやける効果がある。

4.そのあと、粉末の酸素系漂白剤を1袋分いれて、
洗濯機を15分ほどまわす。

洗濯槽にカビが浮かびます。

※ドラム式洗濯機は水の使用料が縦型と比べて
3割~5割のため洗濯槽にカビが生えにくい。


浴室のカビは天井を掃除しないと生え続ける

天井にもカビが付着しています。

いくら壁や床のカビを除去しても、
天井にカビがついたままにしていると、
天井からカビの胞子がばらまかれて
再び生えてしまいます。

浴室の天井のカビの掃除方法

プロの掃除方法

1.フロア用ワイパーにナイロン製のタオルをセットする。

2.①に洗剤つけて、天井を掃除する。

ナイロン製タオルは汚れを落とす力が強いことと
素材が柔らかいために天井を傷つけることはない。



キッチンのカビ汚染

キッチンでカビが一番汚染される場所は、
排水口です。

掃除せずに放置するとカビが増えてしまうとのこと。

排水口に入れると防カビ効果のあるモノは?
アルミホイル。

排水口に丸めたアルミホイルを
2~3個入れるとよい。

水とアルミニウムで生まれる金属イオンに
防カビ効果があります。

見落としがちな危険な場所

【①食器カゴ】
洗った食器で濡れやすく、カビが発生しやすい。

トレーのカビが食器が隠れるうえ、
カゴの横のカビも見えにくい。

スポンサードリンク

週一回はスポンジで洗えば
カビ発生を防ぐことはできます。



【②水道の蛇口】
水が出てくる口の部分は
食器洗いで跳ね返った食べかすで
カビ発生しやすい場所。

シャワーヘッドタイプは特に危険。
スポンジで洗うだけでかなりきれいになります。



エアコンのカビは喘息・肺炎になる可能性がある

番組スタッフのエアコンのホコリを検査したところ、
ホコリから3種類のカビを発見。

ペニシリウム(アオカビ)、
アスペルギルスなど。

これらは高齢者・幼児・免疫力が低下した人は
肺炎になる可能性もあります。

エアコンのホコリは舞うので
エアコンから出たカビは部屋中をまわっています。

エアコンのフィルターの掃除法

1.フィルターの裏側からシャワーをあてる。
こうするとホコリがとれやすい。

2.そのあと水気をよくふく。

1週間に1回程度を目安に行うとよい。


吹き出し口の掃除法

1・割りばしにキッチンペーパーを
巻き付けて輪ゴムで留めた
「お掃除棒」を作って使う。

2.お掃除棒を水で濡らし、
奥までしっかり水拭きする。

※安全のためエアコンのコンセントを
抜いてから行います。

吹出口の掃除は汚れが目立ってきたら。



枕のカビ対策法

寝室で一番危険な場所は枕。

寝ている間に頭は汗をかくため、
枕がしめってカビが発生しやすい。

また、枕は鼻や口と長時間接するため、
カビを体内に吸入しやすい。

枕カバーを週1回洗うと良い。

カビの生えにくい枕の素材

・ポリエステル綿
・そば殻
・低反発ウレタン
の中でカビの生えにくい枕の素材は?

正解はポリエステル綿です。

カビは天然のものを栄養にできますが、
人工のものは栄養にできません。

そば殻は天然なのでカビが生えやすい。

一方、ポリエステル綿や低反発ウレタン
カビは生えにくい。

しかし、寝汗などの汚れが枕に付着して
人口素材の枕にもカビが生えることがあります。

低反発ウレタンは通気性が悪く、
湿度、汚れがたまりやすい。

洗濯NGなのでまめに陰干しをしてください。

ポリエステル綿は乾きやすいためカビが生えにくい。

梅雨は顔にもカビが生えやすい

顔の中でカビが生える場所は、
目、鼻、口、耳などすべてです。

カビによって
鼻では副鼻腔炎、
口ではカンジダ菌による口内炎のような症状が
起こすことがあります。
症状は軽いことが多い。

コンタクトレンズの汚れにカビが付着し、
角膜炎を発症、視力の低下などに
繋がる恐れがあります。

最も注意が必要なのは耳。

耳の中は密閉されており、
カビにとって好ましい環境になりやすい。

イヤホンを長時間着用するとカビが付着し
外耳炎などに繋がる可能性あります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ