【家事ヤロウ】焼き野菜のレシピ!魚焼きグリルで簡単料理

焼き野菜グリル

2019年7月4日放送の「家事ヤロウ」
バカリズム×中丸×カズレーザーが
魚焼きグリルで簡単料理!!

実は魚焼きグリルは、
煮る、蒸す、揚げるなどの影の実力者で万能。

そこで主婦がマネしたい魚焼きグリルレシピを
ランキング形式で学んでいきます。

ここでは5位の焼き野菜のレシピの紹介!

スポンサードリンク

5位:焼き野菜のレシピ

『魚焼きグリルを使えばフライパンで焼くより
野菜が甘くなる』

焼き野菜グリル

『材料』
アスパラガス 

長ねぎ

プチトマト

豚バラ肉

そら豆

オリーブオイル

塩 

黒コショウ 

『作り方』
1.皮をむいたアスパラガスに
オリーブオイルを塗り、塩・コショウをまぶす。

※オリーブオイルを塗ることでパサつきをおさえ
香ばしくなる。

スポンサードリンク

※塩は脱水作用があり余分な水分を吸う

2.長ねぎを4cm輪切りにし、塩・コショウを振る。

3.プチトマトに塩、こしょうで味付けした
豚バラ肉を巻いていく。

※トマトはカットすると果汁がこぼれ
甘みが逃げてしまうため切らずに焼くのがおすすめ。

4.そら豆は開かずさやのまま焼く。
※さやごと焼くとうまみが閉じ込められる

5.魚焼きグリルの一番奥にそら豆を置く。

※火元が口の字のため端の方が火力が高い

5.④の隣にネギを並べる。

6.手前側にプチトマトの豚肉巻き、
アスパラを置く。

7.強火にして焼いていき、
5分後にトマトの豚肉巻きをひっくり返す。

※魚焼きグリルは上から火が出るのが主流。
途中でひっくり返す必要がある

8.さらに強火で4分焼けばできあがり!



※高温の魚焼きグリルで焼くことで
水分を一気に飛ばし、甘みを残す

水溶性ビタミンが溶ける前にビタミンを飛ばす




【家事ヤロウ】主婦がまねしたい魚グリルレシピベスト5!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ