【ヒルナンデス】今食べるべきパン5店!ポワンエリーニュ、トロパン トウキョウ、pandaほか

食パン

2019年7月8日放送の「ヒルナンデス」の
パン屋さんオススメのパン

神戸屋、木村屋などの老舗パン屋さんから
街のベーカリーまで50人のパン屋さんに
「今食べるべきパン」をアンケート!

スポンサードリンク

① TOLO PAN TOKYO

 ・世田谷バゲット 230円
 ・ヒガシヤマ   550円

「TOLO PAN TOKYO」は独創的なパン作りが、
業界で注目を集めています。

アンケートで食べるべきだといわれているのは
世田谷バゲット。

3種類をブレンドした小麦粉などを混ぜて作られます。

生地にはフランス料理で使われるガチョウの油が
使われておりコクが強いのが特徴。

丸い形をしたヒガシヤマという食パン
は絹ごし豆腐が生地に使われており、
水の変わりに豆乳が使われています。

そのため生地が滑らかになり、
もちもちで歯切れがいい食感が味わえます。

♪————————-♪
お店:トロパン トウキョウ
住所:東京都目黒区東山3丁目14−3
♪————————-♪



②panda

・カレーパイ   320円

人気はタイ料理のガパオがまるごと
入ったガパオぱんやりんごを
ゴルゴンゾーラチーズで包んだ
クロックムッシュなど
個性的なパンがそろっています。

その中でも人気カレーパンは
デニッシュ生地で覆われたカレーパイ。

黒いカレーパイデニッシュ生地の中に
入っているのは白いカレー。

サクっとしたデニッシュ生地と
なめらかなスパイシーカレーの
食感のコントラストが新しいと話題。

♪————————-♪
お店:panda
住所:東京都文京区本郷3丁目16−10
北星舎ビル1F
♪————————-♪


③nukumuku

 ・フランスパンドーナッツ 230円(税抜)

オーナーの與儀シェフは創作パンの達人。

アンケートで話題だったのがフランスパンドーナッツ。

生地は3種類の小麦粉をブレンド。

そして沖縄産の塩や生イーストを加える。

生地は90分間発酵させたあと、
冷蔵庫で丸一日熟成させる。

ドーナツづくりで使う油は米油。

水蒸気を入れながら焼き上げる。
水蒸気でドーナツの表面がつややかになる効果があるとのこと。

スポンサードリンク

♪————————-♪
お店:nukumuku
住所: 東京都世田谷区太子堂5丁目29−3
♪————————-♪@


④ポワンエリーニュ

 ・アンビザー   220円(税抜)

多いときには50人以上の行列が出来ます。

アンビザーは普通のあんぱんに比べて生地が薄く堅い。

生地のしっかりとした食感の後に
あんこのなめらかな食感が楽しめます。

あんこは黒糖を加えていて舌触りがさらになめらか。

♪————————-♪
お店:POINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ)

住所: 東京都千代田区丸の内1丁目5−1
新丸の内ビルディング 地下1階
♪————————-♪



⑤セントル ザ・ベーカリー

 ・角食パン    900円(税抜)

食パン専門店ブームの火付け役で、
商品は3種類の食パンのみ。

一番人気は角食パンで、
1日の売り上げが平日1300本、土日1500本。

脱脂乳や北海道産ゆめちからなどを使用。

あらかじめ熟成させた発酵種・湯種を使用し、
しっとり・もっちり食感に。




♪————————-♪
お店:セントル ザ・ベーカリー 青山店
住所: 東京都渋谷区神宮前5丁目52−2
青山オーバルビル1F
♪————————-♪


⑥ル パン ドゥ ジョエル・ロブション

 ・夏野菜とソーセージのフォカッチャ 540円

三ツ星フレンチを手がけるジョエル・ロブションの
パン専門店。

高級フレンチの技法を取り入れたパンが、
「夏野菜とソーセージのフォカッチャ」。

フォカッチャにはマッシュポテトが入っており、
炙ったとうもろこしとバジルソースで味付けした
ズッキーニなどがのっています。

♪————————-♪
お店:ル パン ドゥ ジョエル・ロブション
住所:東京都渋谷区渋谷2丁目21−1
渋谷ヒカリエ ShinQs B2F

HP★ル パン ドゥ ジョエル・ロブション
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ