【あさイチ】ご飯のお供レシピ5品まとめ!永作博美さんのリクエスト!秋元さくら、篠原武将、山野辺仁

ごはんのお供

2019年7月9日放送の「あさイチ」の
ハレトケキッチン 

~永作博美さんが食べたい、絶品“ごはんのお供”~

新進気鋭の3シェフ
日本料理・篠原武将さん、
中国料理・山野辺仁さん、
フレンチ・秋元さくらさん
が絶品レシピを披露。

ここでは3人のレシピのまとめ。

スポンサードリンク

食べるラー油のレシピ

食べるラー油

中国料理・山野辺仁さんのレシピ

『材料』
干しエビ 20g

さきいか 10g

玉ねぎ 1/4個

ごま油(白) 100g

にんにく 2かけ

ショウガ 1かけ

豆板醤 小さじ1~大さじ1

いぶりがっこ 20g

一味唐辛子 小さじ1

練りごま(白) 大さじ2

しょうゆ 小さじ2

白ごま 小さじ2

『作り方』
1.干しエビとさきいかを細かく刻む。
玉ねぎもみじん切りにする

2.中華鍋にごま油を熱し、中火で
たまねぎに軽く色がつくまで3分ほど炒める。

3.みじん切りにしたにんにく、
しょうがを加え、豆板醤を加え、
香りが立つまで炒める。て炒める。

豆板醤を加えて炒め
さらに①といぶりがっこを加えて1分ほど炒める。

5.一味とうがらし、練ごま、しょうゆ、
ごまを順に加え、炒める。

6.粗熱が取れたら容器に入れて
一晩おいたらできあがり!

冷蔵庫で1か月ほど保存できます。


卵黄のしょうゆ漬けのレシピ

日本料理・篠原武将さんのレシピ

『材料』
卵 2個

しょうゆ 80㏄

酒 40㏄

削り節 4g

『作り方』
1.卵は最低2日以上冷凍しておく。
※ポイントは卵を最低2日冷凍して作る。

2.①の卵を30分ほど水に浸けて解凍し
卵白と卵黄を分離させる。

3.鍋にしょうゆと酒を入れてひと煮立ちさせる。

4.削り節を加えて火を止め、フタをして冷ます。

5.④をザルでこしてボウルに入れる。

6.②の卵黄を浸ける。

7.クッキングペーパーをかぶせて
20分以上漬けたらできあがり。



新しょうがのべっこう煮のレシピ

日本料理・篠原武将さんのレシピ

スポンサードリンク

新しょうがのべっこう煮

『材料』
新ショウガ 150g

砂糖 30g

水 50ml

醤油 大さじ1

『作り方』

1.新しょうがは、皮ごと薄切りにし
5ミリ幅の細切りにする。

※皮と実の間に旨味があるので
皮のまま切ることがポイント。

2.鍋に、①のしょうがとたっぷりの水(分量外)を入れ、
強火にかける。

沸騰したら中火にし30分ゆでる。

3.②のしょうがを流水で30分ほどさらし、
水けを切る。

3.②の新生姜を小鍋に移し、砂糖、水を入れて
強火にかける。

4.沸騰したらで中火にして水けが少なくなるまで
5分ほど煮ればできあがり。

※密閉容器に入れ、冷蔵庫で1週間程度保存できます。



しらすの木の芽煮のレシピ

『材料』
しらす干し 150g

水 150ml

酒 大さじ2

うす口しょうゆ 小さじ1

木の芽15~30枚
(青しそ5枚でもよい)

『作り方』
1.鍋に、しらす干し、水、酒、
うす口しょうゆを入れ、強火にかける。

2.水けが少なくなるまで5分ほど煮る。
※しらす干しがつぶれないように、
混ぜ過ぎないようにする。

3.木の芽は、粗めのみじん切りにする。

4.①を弱火にし、②木の芽を加えて、
全体を入れて混ぜばできあがり。



塩辛みたい!?イカのトマト煮のレシピ

フレンチ・秋元さくらさん

『材料』
にんにく 1/2かけ

玉ねぎ 1/4個

塩 ひとつまみ

オリーブ油 大さじ1

トマト 1個

いか 正味170g

塩 適量

みそ 小さじ1/2

ナンプラー 小さじ1/2

バター(無塩) 10g

『作り方』

1.いかとトマトは、それぞれ
8ミリの角切りにする。

たまねぎ・にんにく・黒オリーブは、
それぞれみじん切りにする。

2.鍋にオリーブ油・たまねぎ・にんにく
・塩(ひとつまみ)を入れ、
中火で香りが立つまで炒める。

3.②の鍋にトマトを加え、強火で1分ほど炒める。

中火に落とし、さらに5分ほど炒めて水分を飛ばす。

4.いかに塩(ひとつまみ)を入れて味をつける。

5.③の鍋に④を加え、中火で4分ほど炒めて水分を飛ばす。

6.⑤の鍋に、黒オリーブ・ナンプラー・みそを加えて、
全体を炒め合わせる。

7.⑥の鍋に、バターを入れて火を止め、
余熱で溶かし混ぜてできあがり。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ