【がっちりマンデー】和歌山県のグリーンソフトのお取り寄せ!地元限定のアイス

スポンサードリンク

2019年7月14日放送の「がっちりマンデー!!」の
地元限定!儲かる「地元アイス」!

ここでは和歌山県民に愛されている
グリーンソフトについて紹介!

スポンサードリンク

グリーンソフト

和歌山県民に好きなアイスを聞くと、
グリーンソフトの名前があがりました。

和歌山市内のスーパー(メッサオークワ高松店)の
アイス売り場を覗いてみると
グリーンソフトの専用コーナーがあり
大量のグリーンソフトが置いてありました。

グリーンソフトは抹茶ソフトクリームで、
年間販売数は約200万個。

製造しているのはアイス屋さんではなく
玉林園というお茶の専門店でした。

夏に茶葉が売れずに苦労していて
5代目の林巳三彦社長が生み出したのです。

いまでは全国的にお馴染みの抹茶アイスですが
世界で初めて作ったのが玉林園だとのこと。

一番のウリはお茶が本格的なこと。

多くのメーカーがお茶を大量に素早く作るために
粉砕機を使用するのですが、グリーンソフトは
昔ながらの抹茶づくりに欠かせない石臼を使用。

石臼のほうが粒子が細かくなるので
舌触りがなめらかに。

しかし、石臼で挽くと1時間でわずかな量しか挽けないので
1,000台の石臼で毎日抹茶を挽いているとのことです。

そして、このグリーンソフトが和歌山中に広まったのには
先代が52年前に考えたある作戦がありました。

それはこどもの日にグリーンソフトがもらえる引換券を、
和歌山市中の100以上の幼稚園や保育園で配布すること。

それは今も続いているのだそうです。




【がっちりマンデー】福岡県のムースのお取り寄せ!給食でおなじみ地元限定のアイス

コメントを残す

このページの先頭へ