きょうの料理:栗原はるみの夏野菜のフライパンビビンバのレシピ!

ビビンバ

2019年8月6日放送の「きょうの料理」は
栗原はるみの夏ごよみ。

ここでは夏野菜のフライパンビビンバの紹介!

スポンサードリンク

はるみコチュジャンのレシピ

コチュジャン

『材料』(つくりやすい分量)
コチュジャン100g

粉とうがらし(粗びき) 大さじ2~3
※一味とうがらし小さじ1/2~1でも可

しょうゆ 大さじ2

みりん 大さじ2

砂糖 大さじ2

にんにく(すりおろす) 大さじ1

『作り方』
1.コチュジャン、粉とうがらし、しょうゆ、
みりん、砂糖、にんにく(すりおろす) を
よく混ぜ合わせればできあがり!

※粉とうがらしがなければ、
一味とうがらしでもよい。

※冷蔵庫で約1か月間保存可能です。

夏野菜のフライパンビビンバのレシピ

ビビンバ

『材料』(2人分)
豆もやし 1袋(200g)

ほうれんそう 1ワ(200g)

白ごま 大さじ1

ズッキーニ 1本(250g)

黒ごま 大さじ1

ゴーヤー 1本(250~300g)

削り節 1袋(3g)

(A)
ごま油 小さじ1~2

塩 少々



にんじん1本(200g)

(甘酢)
酢 カップ1/4

砂糖 大さじ1

塩 少々

ご飯(温かいもの) 500~600g

白菜キムチ 適量

卵 2コ

はるみコチュジャン 適宜

こしょう

ごま油

サラダ油

『作り方』

(ナムルをつくる)
1.豆もやしはひげ根を取り、熱湯で約1分間ゆでる。

冷水にとって冷まし、水けをよく絞る。

ボウルに入れ、(A)とこしょう少々であえる。

2.ほうれんそうは根元を切り落として
5~6cm長さに切り、塩少々を加えた熱湯でゆでる。

冷水にとって冷まし、水けを絞る。

ボウルに入れて(A)であえ、白ごまを
手のひらでつぶしながら加えて混ぜる。

3.ズッキーニはヘタを取り、縦半分に切る。

スプーンで種を除き、斜め薄切りにする。

ボウルに入れ、塩小さじ1/2をまぶして
5~10分間おき、水けをよく絞る。

ボウルに入れて(A)であえ、黒ごまを
手のひらでつぶしながら加えて混ぜる。

4.ゴーヤはヘタを取り、縦半分に切る。

スプーンで種とワタを除き、斜め薄切りにする。

ボウルに入れ、塩小さじ1/2をまぶして
5~10分間おき、水けをよく絞る。

ボウルに入れて(A)であえ、削り節を加えて混ぜる。

5.にんじんは5~6cm長さの千切りにし、
塩小さじ1/3をまぶして5~10分間おき、水けをよく絞る。

ボウルに入れ、よく混ぜ合わせた甘酢を加えてあえる。

(ビビンバをつくる)
1.直径20cmの好きレット(または普通のフライパン)に
ごま油(適量)をなじませ、
ご飯を鍋肌に貼り付けるように入れる。

上記のナムルをそれぞれ適量とキムチをのせて中火にかける。

2.パチパチと音がしてご飯に焼き目がついてきたら、
真ん中に卵を割り入れ、火から下ろす。

または、別のフライパンにサラダ油少々を熱して
目玉焼きをつくり、上にのせる。

好みではるみコチュジャンを添え、
熱いうちによく混ぜてできあがり!



栗原はるみさん






栗原はるみさんのレシピ

きょうの料理:栗原はるみのトマトとえびの夏カレーのレシピ!

きょうの料理:栗原はるみのパインとココナツミルクのアイスのレシピ!

きょうの料理:栗原はるみのマーボーなすのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ