【やさいの時間】カラシナの種で手作りマスタードのレシピ!太陽のベジガーデン

粒マスタード

2019年8月4日放送の
「趣味の園芸 やさいの時間」の
太陽のベジガーデン。

ここではカラシナの種で
手作りマスタードの作り方の紹介!

スポンサードリンク

オザワエイコさん

杉浦太陽さんたちは今年カラシナを育て
種をとりました。

その種で手作りマスタードに挑戦です。

教えてくれるのは手作り調味料研究科の
オザワエイコさん。




スポンサードリンク

カラシナの種で手作りマスタードのレシピ

『材料』(150mlのビン1個分)
カラシナのタネ 40g

酢(白ワインビネガー)60~70ml
※米酢やリンゴ酢など酢なら何でもo.k

塩 小さじ 1/2

『作り方』
1.カラシナのタネをビンに入れる

2.酢(番組では白ワインビネガー)を①に入れる

3.塩も入れてよく混ぜる

4.ふたをして冷蔵庫で3日間置く。

※粒マスタードが上に上がってきますが
酢からマスタードが顔を出すようなら
お酢を少し足す

3日後ぐらいから食べられるそうです。

食べるときは粒のままでも食べられますが
番組ではすりこぎでつぶしてペースト状に
していました。

粒マスタード

はちみつを少しくわえると
ハニーマスタードになります。

番組では焼いたウインナーにつけて
食べていました。

ハニーマスタードは
酸味がさわやかでおいしいそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ