たけしの家庭の医学:セカンドオピニオン!だるさやめまいの原因はインスリノーマ(膵臓の腫瘍)

2019年8月13日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
名医のセカンドオピニオン。

だるさやめまいの原因はインスリノーマ

スポンサードリンク

だるさやめまいの原因は?

今回の名医は秋田大学医学部附属病院の
山田祐一郎先生。

山田先生は日本老年医学会などを歴任、
原因不明の病に苦しむ患者を30年以上
救ってきました。

6年前、歩美さんは転職し、
事務員として働きはじめました。

シングルマザーとして一人娘
を育てています。

最初の異変は朝、何かが背中に
のしかかるような重いだるさを感じた。

症状は収まり、単なる疲れと軽く考えました。

しかしこれがつらくて長い闘いが
始まった合図だったのでした。

朝起きる度に全身のだるさに襲われ
1ヶ月後には職場でも異常にだるいと
感じるようになりました。

そして週末に実家で過ごしてい時、
猛烈な吐き気と激しい動悸に襲われ
翌日近所の内科を受診。

診断は自立神経失調症でした。

原因がわからない不調は
自立神経失調症と診断されることが多い
のだそうです。

身体のだるさに悩まされている
歩美さんは週末は実家で身体を休めた。

市販のサプリメントなどを試したが
効果はなかったのでした。

スポンサードリンク

休日お母さんと娘さんと食事に出かけ
イライラし、娘さんに怒ってしまった。

だるさを感じはじめてから5カ月
総合病院の脳神経内科を受診したが
原因はわからなかったのでした。

井上歩美さんはその後低体温状態となり
救急搬送されました。

翌日から原因を突き止めるため
様々な検査が行われたが異常なし。

診察に手詰まりを感じた医師がセ
カンドオピニオンを打診。

その医師が秋田大学医学部附属病院の
山田先生でした。

そして、田先生の診察を受けました。

山田先生は触診をして汗ばみに引っかかった。

以前の91項目に及ぶ検査結果を改めて確認、
問診を再開しいろいろ質問。

歩美さんの証言から空腹になるとイライラし
汗をかくことを突き止めmlあした。

絶食検査をして病の正体を暴き出した。
それはインスリノーマ。

インスリノーマは膵臓にできる腫瘍。

原因は不明でインスリンの分泌が過剰になり、
様々な症状を引き起こす。

その一つが低血糖状態。

だるさやめまいは低血糖が原因だったのでした。

低血糖状態になるとアドレナリンを分泌、
イライラし汗をかく。

歩美さんは摘出手術で
全ての症状が消えたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ