ヒルナンデス:食中毒、虫刺されなど真夏の5大トラブルの対策法!

手、かゆみ、虫

2019年8月15日放送の「ヒルナンデス」
覚えておきたい!真夏の5大トラブル対策

意外と知られていない正しい予防法を
○×クイズに答えて学ぶコーナー。

今回は、真夏の5大トラブルの対策法を学びます。

スポンサードリンク

「食中毒対策として生野菜を浅漬けにする」は正しい?

「食中毒対策として生野菜を浅漬けにする」は正しい? 間違い?



答え
× 間違い

漬物のなかでも特に浅漬は、加熱や発酵の工程がなく
食中毒の原因となる細菌を殺菌できません。

無印良品 「フィルム石けん 24枚入」 590円(税込)

食中毒対策として食事などの前には
しっかり手洗いしておくと安心。

そこでおすすめが
無印用品のフィルム石けんです。

1枚ずつ取り出し、手のひらにのせて
水にぬらすと溶けて泡立ってきます。

お出かけ時に便利。



「汗をかいた直後、乾いたタオルでよく拭く」は 正しい?

「汗をかいた直後、乾いたタオルでよく拭く」は 正しい? 間違い?



答え
× 間違い

人間は汗をかき蒸発させることで体温調節をしています。

汗を拭きすぎで肌が乾燥しきってしまうと
汗が蒸発できずに体温を下げることができなくなるので
逆に汗が止まらなくなってしまいます。



「ドライヤー前に濡れた髪をとかす」は 正しい?

ドライヤー前に濡れた髪をとかす」は 正しい? 間違い?




答え
○ 正しい

お風呂上がりの濡れた髪の毛をタオルでふいただけでは
髪がくっついたり絡まったり、毛が束になってしまいがち。

束状態にまとまった髪はなかなか乾きにくく、
ドライヤーの熱を長く当ててしまうことに。

濡れた髪は熱で傷みやすいため、素早く乾かせるように
髪の絡まりを取るのが肝心です。

スポンサードリンク

ちなみに、ドライヤー前のブラッシングにオススメなのは、
目が粗いクシ。



熱中症対策、注意が特に必要なのは日中」は 正しい?

熱中症対策、注意が特に必要なのは日中」は 正しい? 間違い?



答え
A:× 間違い

冷房をつけずに寝てしまい、脱水症状に陥り
熱中症になるケースが多くあります。

また、発見しにくいので重症化しやすい傾向にあります。

対策として、エアコンなどを使い室温を
28度以上にしないようにします。

脱水症状になるのを防ぐため、寝る前には
喉が乾いていなくても水分をとることが大切。



「虫よけスプレーを塗ったあとに日焼け止めを塗る」は正しい?

「虫よけスプレーを塗ったあとに日焼け止めを塗る」は正しい? 間違い?



答え
A:× 間違い

虫よけスプレーは、肌に塗ったあと揮発した成分で
虫から防御しているため上から他の薬やクリームを塗ってしまうと
成分が防がれてしまい十分な効果が期待できません。

なので、日焼け止めを塗ってから虫よけスプレーを
つけるようにします。

「蚊を退治するときに効果的なのは上下からたたく」は正しい?

「蚊を退治するときに効果的なのは上下からたたく」は正しい? 間違い?



答え
A:○ 正しい

飛んでいる蚊は、構造上横への動きが鈍い。

そのため、蚊をたたくときは左右からではなく、
上下からたたく方が良い。



「虫刺されのかゆみを軽減させるため温める」は 正しい?

「虫刺されのかゆみを軽減させるため温める」は 正しい? 間違い?・


答え
A:× 間違い

かゆみを抑える方法として安全なのは、冷やすこと。

かゆいからといってかきすぎたり、
爪で押して傷つけたりすると
一時的にかゆみは治まったと感じるかもしれません。

しかし、傷口から菌が入り、感染症の原因になる可能性が
あるので避けるようにします。

番組で紹介されたのとは違いますが
虫よけマスキングテープ↓

虫除けマスキングテープは、
テープに練りこまれた虫が嫌がる
シトロネラの香りなどで、
虫が近寄りにくくなるテープ。

Tシャツやズボンのすそ、
帽子のつばなどにテープを貼っておくと、
虫除け対策になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ