主治医が見つかる診療所:快眠ぐっすりストレッチのやり方!間違った睡眠は認知症のリスクをあげる

枕、睡眠

2019年8月15日放送の「主治医が見つかる診療所」

間違った睡眠は認知症のリスクをあげることや
快眠ぐっすりストレッチのやり方などを紹介!

スポンサードリンク

間違った睡眠は認知症のリスクをあげる

睡眠の名医によると間違った睡眠は
認知症のリスクを5倍以上にするといいます。

ワシントン大学の研究によると、
睡眠障害がある人はアミロイドβが
5倍以上蓄積するのだそうです。

上山博康医師は睡眠障害のない認知症の人
はいないといいます。

認知症にならないための新常識

Q1スムーズに活動するために2度寝は?

正解はしても良い。

2度寝をすると抗ストレスホルモンが分泌され
目覚めの負担が軽くなる。

ただし長い2度寝は逆効果、20分程度が効果的。



Q2.布団に入って30分以上眠れない そんな時は?

スポンサードリンク

正解は一度布団から出て
一度起き上がってリラックスする。
寝なきゃいけないと思わない。



Q3.睡眠のゴールデンタイム 何時に布団に入るのがいい?

正解は何時に眠りについても関係なし。

最新の研究では寝づいてから3時間の
深い睡眠の時に成長ホルモンが分泌されることが
わかっています。



Q4.夜ぐっすり眠るためにオススメの食べ物と食べるタイミングは?

正解は朝食にバナナ。

バナナのトリプトファンがセロトニン、
メラトニンに変わる。

トリプトファンは納豆などにも含まれます。


快眠ぐっすりストレッチのやり方

認知症を予防できるストレッチ。

寝る前に1分で出来ます。

1.仰向けになる。

2.右ひざを折り曲げ、おなかの前で
両手で押さえる。

3.ゆっくりと呼吸をしながら10秒、
そのままの体勢をキープする。

そして、ゆっくりと戻す。

4.同じように左足もひざを折り曲げ、
お腹の前で両手で押さえ同じように
ゆっくり呼吸しながら10秒キープする。

5.最後に体を丸めるようにして、
お腹の前で両ひざを抱え込み
(寝転んだ体育座りの姿勢)
ゆっくり呼吸しながらそのまま10秒保ったら、
元に戻す。

6.この一連の動きを2~3回繰り返す。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ