おしっこの不意に漏れ、失禁改善に肛門キュッキュ体操!この差って何ですか?

尿漏れ、おしっこ

2019年8月20日放送の「この差って何ですか?」の
「おしっこ」に関する悩み。

腹圧性尿失禁を改善する
肛門キュッキュ体操のやり方の紹介です。

スポンサードリンク

腹圧性尿失禁とは?

松嶋尚美(47歳)さんの「おしっこ」に関する悩みは
おしっこが、不意に漏れしちゃうこと。

松嶋さんの場合、家でテレビを見ているときや
鼻歌を歌っている時などにも。

専門家の松本成史によるとこれは、
女性特有の「腹圧性尿失禁」という病気。

スポンサードリンク

この病気は、その名の通り
お腹に力が入った時に尿もれする状態のこと。

この尿もれの原因は、膀胱と尿道の底を支えている
骨盤底筋が緩んだり、弱くなってくると、
尿道の出口のところの尿道括約筋が緩み
お腹に力が入った拍子にチョロッと出てしまいます。

そして、この骨盤底筋は、出産するとダメージを
受けてしまいます。

肛門キュッキュ体操のやり方

おしっこが、不意に漏れるのを防ぐ
対策としては骨盤底筋を鍛えること。

1.5秒間かけて肛門を締める。

2.ゆっくりと締めた肛門を緩める。

これを継続的に1日10回から20回することで、
軽い「腹圧性尿失禁」は、かなり軽減します。

立っていても、座っていてもできます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ