にがり塩、抹茶塩、藻塩!体の悩み別塩の使い分け:林修の今でしょ!講座

塩、ソルト

2019年8月27日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「塩」徹底解明3時間SP

健康長寿にをめざすのによい白澤先生おすすめの
「にがり塩」「抹茶塩」「藻塩」について紹介!

スポンサードリンク

体の悩み別賢い塩の使い分け

にがり塩

肌におすすめの塩。

にがり塩はマグネシウムが豊富。

マグネシウムにより肌の水分量がアップ
→肌のしわを防ぐ働きなどが期待できる

愛媛の大三島町には伯方の塩の
工場があります。

伯方の塩は塩の結晶を海水で溶かし煮詰めて
にがりを程よく残しています。

この町に住む健康長寿の相原さん夫婦は
全ての料理の下味ににがり塩(伯方の塩)を
使っているとのこと。

にがり塩を使ったおすすめレシピは、
きゅうりの塩もみや大根の酢漬け。

抹茶塩

血管におすすめなのが抹茶塩。

スポンサードリンク

抹茶と塩をブレンドした「抹茶塩」は、
動脈硬化などの血管が気になる人におすすめ。

抹茶に含まれるカテキンには
強い抗酸化作用があるので、
血管を守る働きが期待できます。

・おすすめレシピ
白澤先生のおすすめ抹茶塩のレシピは、
「抹茶塩×ごま油の冷ややっこ」。

ゴマ油に含まれるセサミンは
血流をよくする働きが期待できます。

豆腐に含まれる大豆サポニンは
血中のコレステロール値を下げてくれます。



藻塩

藻塩は便秘など腸に悩んでいる人におすすめ。

藻塩は海水のミネラルに海藻の成分を合わせた塩。
海藻には水溶性食物繊維がたっぷり。

腸内環境を改善に期待ができます。

おすすめレシピは塩むすび。

自然な甘みのある藻塩は
シンプルなレシピが一番。

また、わさびと塩を混ぜたわさび塩で
お刺身を食べると、素材の味が引き立ちます。




林修の今でしょ!講座

林修の今でしょ!講座:バナナの豆乳スムージー&アボカドのサラダのレシピ!塩分チャラ食材で

林修の今でしょ!講座:大葉生姜のアジ入り彩りサラダのレシピ!熱中症予防に

めんつゆレシピお手軽度ランキングベスト3!豚のしょうが焼き、から揚げ、きんぴら!林修の今でしょ!講座

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ