世界一受けたい授業:美肌菌を守る洗顔方法やシミ・くすみの予防にヨーグルトパック

女性、美容、化粧

2019年8月31日放送の「世界一受けたい授業」の
夏の肌ダメージを今すぐケア!

肌の潤いを保つ美肌菌とは?
シミ・くすみを予防する方法!

銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子先生の
肌の救世主美肌菌を育てる方法の紹介!

スポンサードリンク

美肌菌を無くしてしまうある事とは?

美肌菌を無くしてしまうNGなことは
カミソリで顔の毛を剃ること。

私たちの皮膚には、およそ1000種類、
1兆個の細菌がすんでいます。

そのためカミソリで毛を剃ると、
表面にいる美肌菌が角層と一緒に、
一気にそぎ落とされるため、
潤いのない肌になってしまいます。

産毛が気になる人は多いと思いますが
カミソリを使う頻度はできるだけ少なく
するのがおすすめ。

美肌菌によい食材

肌と腸の環境は大きく関係しています。

腸内環境が改善すると肌の水分量が上がり、
肌荒れが減るため。美肌菌の住みやすい環境に
なります。

美肌菌によい先生オススメの食べ物は
無糖のヨーグルト。

ヨーグルトは乳酸菌たっぷり。

プルーンやイチジクなどの
食物繊維が豊富なドライフルーツを入れると
さらに腸内環境が整います。



美肌菌を守る洗顔方法

1.35℃のぬるま湯で顔を濡らす。

2.洗顔料を3回プッシュし
皮脂の多い部分に泡をつける。

3.指の腹でやさしく洗う。

4.すすぎは顔のパーツごとに顔を傾けてすすぐ。

15回程度はすすぎます。

5.タオルでやさしく水分を吸い取る。

洗顔するときにNGなこと

※洗顔後に冷水でしめる
皮膚の温度を下げると潤い物質が
蒸発してしまうため、
肌の潤い成分がなくなってしまう。

※洗顔後、5回程度すすぐ

5回程度だと汚れが落としきれないので15回ほどは
すすぐ。

※洗顔した後、タオルでゴシゴシこする
タオルでこすってしまうと
美肌菌が奪われてしまう。

紫外線ダメージは秋が旬の食材でリカバー!

それは鮭。

アスタキサンチンは活性酸素を取り除いてくれます。

鮭にはアスタキサンチンが多く含まれています。



肌のシミ予防にはヨーグルトでパックするのが効果的!

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、
肌の新陳代謝を促します。

ヨーグルトの乳酸菌が肌の新陳代謝を促進し、
ターンオーバーの周期を整えて、
キレイな肌を保つことができます。

ヨーグルトパックのやり方

1.ヨーグルトを塗る前に軽くぬるま湯で洗顔して、
顔の汚れを落とす。

2.ヨーグルトを顔全体にまんべんなく塗り、
5~10分ほど置く。

3.最後にキレイに洗い流すだけ。

ヨーグルトパック

週に3回程度行い、2週間行うと
肌に変化がみられてきます。

※アレルギーなど肌に合わない方もいるので、
事前にパッチテストをして下さい。



慶田朋子先生

美肌菌

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ