ポーチドエッグの作り方!簡単&本格的をシェフが伝授

卵、ゆでたまご

「世界一受けたい授業」で
ホテルニューオータニの太田高広シェフが
ポーチドエッグの作り方を教えてくれました。

本格的できれいにつくるポーチドエッグと
ラップで簡単に作るポーチドエッグの作り方の
2種類を教えてくれましたので紹介します。

スポンサードリンク

ポーチドエッグの作り方

『材料』

『作り方』
1.お湯を沸かし、
タンパク質を固める作用のあるお酢を入れ
かき混ぜて渦を作る

2.流れの中心に卵をそっと入れ弱火で3分ほどゆでる。

※冷蔵庫から出した冷たい卵を使うことで
綺麗なポーチドエッグになる。

3.白身が全体に白くなったらそっと
すくって冷水にとればできあがり!



簡単なポーチドエッグの作り方

ラップを使います。

『材料』
卵 1枚

油 適量

裁縫用 糸
  
ラップ

『作り方』
1.小さいボウルにラップをかぶせて、
卵を落とせるくぼみを作る。

2.そのくぼみに油を塗り、
卵をそのくぼみに落とす。

3.ラップで卵を包み、口の部分を
裁縫用糸でしっかり止める。

4.ラップで包んだ卵を、沸騰したお湯に入れて、
4〜4分半茹でる。

ポーチドエッグ

5.白身が固まったら、ラップの口をはさみで
切ってだせばできあがり。

ポーチドエッグ




ホテルニューオータニ流の絶品サンドウィッチ5品のレシピのまとめ!世界一受けたい授業

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ