夜中に目が覚めてもすぐ眠りにつく方法!寝起きスッキリSP:あさイチ

枕、睡眠

2019年9月11日放送の「あさイチ」は
寝起きスッキリSP。

夜中に目が覚めても再び眠りにつく方法の紹介!

スポンサードリンク

夜中に起きてしまい寝付けなくなる理由は?

歳を重ねると、多くの人が悩むのが
「夜中に起きた後、寝つけなくなり、
朝スッキリ起きられない」ということです。

ある女性の睡眠にどこが問題があるのかを
白濱医師が検証。

女性は布団には早めに入るが、
布団の中でタブレットでドラマ鑑賞していました。

白濱医師によると、タブレットのブルーライトは
メラトニンという眠る時のホルモンに
悪影響を及ぼしてしまうとのこと。

また、布団の中で長時間ゴロゴロすると、
脳は布団を寝る場所ではなく、ゴロゴロする場所と
認識してしまうとのこと。

寝付きやすくする改善点

1.寝る1時間前にはスマホやパソコンを使わず、
ブルーライトを浴びないようにする。

2.ベッドや布団の上で横になって
無理な体勢でスマホなどを見ない。

腰や肩、目などに疲れがたまるため。

3.ベッドや布団は、寝る直前まで横にならない。
そうしないと布団を寝る場所として
認識しなくなるため。

夜中に起きてしまったとき寝つく方法

1.ゆっくり深呼吸してリラックス。

※鼻から吸って口から吐く。

2.足首を約1分間 曲げ伸ばしする。

※足をゆっくり動かすことで深部体温を
効率よく下げる。

深部体温の熱は、手や足などの体の先端から
放出されます。

足首を動かして温めると熱がより一層逃げやすくなり
深部体温が下がり、
強い眠気が襲ってくるということ。

また、興味のない写真集などを見るのも
おすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ