マカロニグラタンのレシピ!引き算クッキング さわけん:ヒルナンデス

グラタン

2019年10月11日(2020年5月1日)放送の「ヒルナンデス」の
男の引き算クッキング!

「作るのが面倒で時間がかかる料理」でも
実はなくても味が変わらないという工程を
「引き算」したら時短に!

面倒な工程を引き算して
簡単おいしくクッキング!

料理初心者の杉野遥亮さんが挑戦。

科学する料理研究家、
さわけんさんが伝授。

ここではホワイトソースから作る
マカロニグラタンのレシピの紹介!

スポンサードリンク

さわけんさん

さわけんさんは料理を科学的に分析し、
男性でも簡単につくれるレシピを提案している
料理研究家。

20代のときにフランスの2つ星レストランで修行。

日本に帰国後は調理師学校の助教授もしている
とのことです。

引き算マカロニグラタン

・別鍋でマカロニをゆでる必要はなし。
マカロニは水を吸わせて火を通せばいいので
別にゆでなくてもいい。

・小麦粉と牛乳を炒めるのは日持ちさせるためなので
家庭ではやらなくて良い。

・オーブンで焼く必要なし

スポンサードリンク

マカロニグラタンのレシピ

グラタン

『材料』(4人分)

マッシュルーム 4個

鶏もも肉 1/2枚

塩 少々

オリーブオイルもしくはバター

白ワイン 30ml

牛乳 400ml

マカロニ(半日水につける) 80g

塩コショウ 適量

溶けるチーズ 適量

(ホワイトソース)
小麦粉 25g

牛乳 400ml

バター 25g

『作り方』
1.マッシュルームは縦4つに、鶏もも肉は
一口大に切る。

鶏肉に塩を振る。

2.フライパンを温めてオリーブオイルもしくはバター
を温めて①の鶏肉をさっと炒める。

3.②にマッシュルームを入れて更に炒め、
白ワインを加える

4.アルコールを飛ばして牛乳を8割程度加え、
水つけマカロニを入れて沸騰させて2分ほど煮る。

※マカロニを水につけることで食感もアップ。

5.残りの牛乳で「牛乳溶き小麦粉」を作り
一気に加えて再度、沸騰させて1分くらい煮る。

※煮ることで鶏から旨みが出てソースが美味しくなる

6.塩・こしょうで味を調えて溶けるチーズを混ぜる。

7.⑥をグラタン皿に盛り、上に少量のチーズを振って
できあがり!

※この時点でグツグツ煮えて具材の
うまみも回っているのでオーブンの必要なし。

(もちろんオーブンで焼いてもいいのですが、
焼き目がつくのに10分ほどかかります)



さわけんの引き算レシピ

引き算クッキングで本格ハンバーグのレシピ:ヒルナンデス

ヒルナンデス:スープ餃子のレシピ!さわけんのハンバーグのリメイク:引き算クッキング

ドーナツのレシピ!引き算クッキング!さわけんが伝授:ヒルナンデス

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ