太る原因は舌に?脂肪味、味覚を磨いて痩せる:世界一受けたい授業

舌、口、女性

2019年10月12日放送の「世界一受けたい授業」

第6の味覚、注目の脂肪味
味覚を磨いて痩せる方法とは?

安松啓子先生が「10日間で味覚を改善できる方法」を
教えてくれました。

勝也さんが挑戦します。

スポンサードリンク

脂肪味とは?

味覚というと
・甘味
・塩味
・酸味
・苦味
・うま味
の5つですが、
基本の味覚に加わる“第6の味覚”として
「脂肪味」が注目されています。

脂肪味で肉や魚などの脂の味を
感じることができます。

脂ものの料理をたくさん食べる人は、
脂肪味が鈍感になっていて、
脂の味をちゃんと感じることができない
可能性があります

脂肪味が鈍感になると、
脳からの消化活動の指令が遅れ
満腹ホルモンの分泌が遅くなってしまうので、
満腹感がなかなか得られずに、
食べ過ぎてしまうことも。

脂肪味が鈍感になる原因

脂肪味が鈍感になる原因は2つあります。

①油を取りすぎること

②食事を抜くこと

ダイエット中は食事制限をしてしまいがちですが、
過度な食事制限は、かえって逆効果。

そういう状態だとホルモンバランスが変わり、
脂肪味に対しても鈍感になってしまいます。

脂肪味を10日間で改善する方法

脂肪味が鈍感になってしまっても、
たった10日間で元の味覚に戻すことが
できるといいます。

①脂肪を取るのを控える

脂肪味を改善する方法はいたって簡単で、
脂肪をとるのを控えることです。

1食で脂質20gを超えないようにします。

【控える食べ物】

スポンサードリンク

・揚げ物・肉
・カレー
・乳製品
・油分の多いラーメン(とんこつラーメンなど)
・油を多く含んだ調味料(マヨネーズなど)

②舌のブラッシング

食事以外で鈍感になった味覚を戻す
簡単な方法があります。

それは舌のブラッシングです。

舌には舌苔という汚れが
付着していて、この舌苔を落とします。

市販の舌専用ブラシで
舌の真ん中を2回、左右2回程度こすります。

脂肪味改善ダイエットに挑戦

脂肪味のレベルチェックをして
鈍感だと判明した勝矢さんが挑戦します。

上記の
①脂肪を取るのを控える(1食で脂質20gを超えない)
②舌のブラッシング
を10日間実践。

脂肪味改善ダイエットの結果

脂肪味チェックで以前は不正解でしたが
正解しました。

体重:130kg→124.8kg

5.2kgのダイエットに成功しました!

10日間の脂肪味改善ダイエット後の生活

10日間の脂肪味改善生活後は
とんこつラーメンや揚げ物なども
食べてもOK。

ただし、脂っこい食事は1日1回程度にしないと
また鈍感になってしまう可能性があるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ