斉藤辰夫さんの 筑前煮レシピ!家庭でもおいしくできる:ごごナマ

筑前煮

【イメージ画像】

2019年10月16日放送の「ごごナマ」は
絶対おいしくできる!筑前煮の極意

人気の日本料理研究家・斉藤辰夫さんが、
家庭でもおいしくできる筑前煮の極意を伝授。

スポンサードリンク

筑前煮の極意

日本料理研究家・斉藤辰夫さんによると、
しっかりと野菜の分量を守るのが筑前煮を
美味しくするコツ。

失敗する人に多いのが、冷蔵庫の余った野菜を
適当に切って鍋にいれるなど、
分量が正しくないことだそうです。

失敗しない筑前煮のレシピ

『材料』(2人分)

鶏もも肉 160g

れんこん 100g

にんじん 60g

こんにゃく 80g

生しいたけ 2枚

さやいんげん 8本

しょうが汁 小さじ2

サラダ油 小さじ2

(だし)
だし 300ml

砂糖 大さじ2

みりん 大さじ1

しょうゆ 大さじ3

『作り方』
1.鶏肉はひと口大に切る。
れんこんとにんじんは鶏肉とほぼ同じ
大きさの乱切りにする。

れんこんは水にさらしてアクを抜き、
水気を拭き取っておく。

2.こんにゃくはスプーンでひと口大にちぎる。

生しいたけは軸を取り、いちょう切りにする。

3.さやいんげんは筋を取り、3cmの長さに切る。

ラップに包んで電子レンジ(600W)で1分間加熱する。

4.深めのフライパンにサラダ油(小さじ2)を熱して、
鶏肉を強火で炒める。

表面が白くなるまで炒めたら、
れんこん、にんじん、こんにゃく、しいたけを加えて、
全体に油がなじむまで炒める。

5.④にだし、砂糖、みりんを入れて煮立たせ、
アクを取る。

オーブン用のシートを落としブタをし、
中火で4~5分間煮る。

6.⑤にしょうゆを加えて、再び落としブタをして、
さらに4~5分間煮る。

7.落としブタを取り、強火で煮汁を煮詰め、
水分をしっかりとばす。

8.最後に②のさやいんげんを加え、しょうが汁を回し入れ、
サッと火を通したらできあがり!

斎藤辰夫さんの本

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ