ばぁば(鈴木登紀子さん)の じゃこの混ぜご飯のレシピ!世界一受けたい授業

じゃこのご飯、ごはん

2019年10月26日放送の「世界一受けたい授業」
94歳の現役料理研究家が教える日本の家庭料理

“ばぁば”の愛称でおなじみの鈴木登紀子さんの
じゃこのまぜまぜご飯のレシピの紹介!

スポンサードリンク

“ばぁば”のこと鈴木登紀子さん

「きょうの料理」に長年出演し、
いまは“ばぁば”の愛称でおなじみの鈴木登紀子さん。

94歳となった現在も、 料理教室を開くなど、
現役の料理家として活躍しています。

3人のお子さんがいらっしゃって
お孫さんが5人、ひ孫さんが6人も
いるとのことです。

ご主人は、2009年にお亡くなりになっています。

じゃこのまぜまぜご飯のレシピ

じゃこのご飯、ごはん

『材料』(4人分)
ご飯 3カップ分

ちりめんじゃこ 1/2カップ

白いりごま 大さじ5

もみのり 1枚分

たたき梅 適量

大葉 適量

『作り方』
1.ご飯を器に入れる。

2.①にちりめんじゃこ、白いりごま、のり、
刻んだ大葉、たたき梅を加えてよく混ぜたら
できあがり!



肉じゃがのレシピ

きょうの料理のレシピで
ばぁばの1番人気のレシピ 

肉じゃがのレシピ

『材料』(4人分)
牛薄切り肉300g

じゃがいも4コ(500g)

たまねぎ (大)1

(A)
だし カップ2
※普通より薄めでよい。または水でも。

酒 大さじ3

砂糖 大さじ6

みりん 大さじ1

しょうゆ 大さじ5

貝割れ菜(あれば)適宜

サラダ油 大さじ1

『作り方』
1.じゃがいもは、たわしでこすり洗いし、
芽のあるものは包丁の刃元でえぐり取る。

縦四つ割りにしてさらに食べやすい大きさに切る。

皮をむいて4~5分間水に放し、表面のでんぷん質を取る。

たまねぎは皮をむいて縦半分に切り、
繊維に沿って1cm幅に切る。

牛肉は一口大に切ってほぐす。

2.鍋にサラダ油大さじ1を入れて熱し、
火から下ろして鍋底をぬれぶきんにあてて冷ます。
牛肉を入れ、ほぐしながら油をからめる。

3.鍋を火に戻し、中火で肉をサッと炒め、
色が変わったらたまねぎを加える。

軽く炒めたら、水けをきったじゃがいもを加える。

木べらで混ぜながら、軽く炒め合わせる。

4.(A)を順に加え、強火にする。

5.煮立ったらアクをていねいに取り、
少し火を弱めて強めの中火にする。

6.煮汁が具にまんべんなく回るように落としぶたをし、
そのまま煮る。

※落としぶたをすることで煮汁が効率的に対流し、
煮汁を全体に行き渡らせることができる。

7.少しずつ煮汁が減っていくので、まんべんなく回し、
焦げ付きを防ぐために、途中、鍋返しをする。

落としぶたを取って、鍋の手前から向こうに動かすようにあおって、
具の上下を入れ替える。

※木べらで混ぜると、じゃがいもがくずれることがあるので注意。

8.汁けが少し残る程度になったら火を止めて、
バットにあける。

鍋に入れたままだと湯気や余熱で、
じゃがいもがべチャッと仕上がり、色つやも悪くなる。

9.器に盛り、長さを2等分に切った貝割れ菜を天盛りにして
できあがり。

鈴木登紀子さんの本

ばぁば(鈴木登紀子)先生のレシピ5品まとめ!土瓶蒸しやちりめんじゃこのまぜご飯:世界一受けたい授業

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ