切り干し大根のハリハリ漬けのレシピ!“ばぁば”こと鈴木登紀子さん:世界一受けたい授業

常備菜「切り干し大根のゴマ和え」

【イメージ画像】

2019年10月26日放送の「世界一受けたい授業」
94歳の現役料理研究家が教える日本の家庭料理

“ばぁば”の愛称でおなじみの鈴木登紀子さんの
切り干し大根のハリハリ漬けのレシピの紹介!

スポンサードリンク

“ばぁば”のこと鈴木登紀子さん

「きょうの料理」に長年出演し、
いまは“ばぁば”の愛称でおなじみの鈴木登紀子さん。

94歳となった現在も、 料理教室を開くなど、
現役の料理家として活躍しています。

スポンサードリンク

切り干し大根

インスタント食品の先駆けとも言える乾燥食材は
切り干し大根。

大根を細く切って干したもので水で
戻すだけで使えます。

さらに生の大根と比べて旨味や栄養もアップ。

オススメレシピは切り干し大根のハリハリ漬け。



切り干し大根のハリハリ漬けのレシピ

『材料』
切り干し大根 70g

赤とうがらし 適量

砂糖 大さじ3

酢 大さじ5

だし 大さじ4

うす口しょうゆ 大さじ1

赤とうがらし 適量

小松菜(ゆでたもの/飾り用) 適量

『作り方』
1.切り干し大根をたっぷりの水で
約15〜20分ほど戻す。

2.戻した切り干し大根は2、3回に分けて
きつく絞る。

3.②を器に入れ砂糖、酢、だし、
うす口しょうゆの順に入れ、
赤とうがらしも加えてよく混ぜる。

お好みで小松菜を散らすと
彩りもよくなります。

ばぁば(鈴木登紀子)先生のレシピ5品まとめ!土瓶蒸しやちりめんじゃこのまぜご飯:世界一受けたい授業

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ