ゲンキの時間:デブ味覚改善出汁のレシピ!だしドリンクで太る原因を改善

配合だし

2019年10月27日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
~太る原因に新発見!~誰もが陥る「デブ味覚」とは!?

太ると分かっているのに、ついつい食べてしまう人は
実は舌が「デブ味覚」になっているかもしれません!

今回は、肥満を招く「デブ味覚」を
改善させるデブ味覚改善出汁
教えてくれましたので紹介します。

スポンサードリンク

太りやすい味覚「デブ味覚」

専門家の工藤先生はこれまで
10万人の肥満患者を診てきた
肥満治療のスペシャリスト。

味覚には、主に「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の
5種類があります。

工藤先生によるとデブ味覚とは
うま味を感じにくくなっている状態。

うま味は植物性のグルタミン酸と
動物性のイノシン酸が代表的。

本来はそれらを摂ることで脳が満足します。

しかしうま味が鈍感になると
甘味と塩味で脳を満たそうとするのです。

しかし、塩味は味覚を鈍らせるため、
味が脳まで届きづらくなり
少量の食事では脳が満足できなくなって
しまいます。

すると、脳を満足させるために甘味である
糖質を摂り過ぎてしまい、肥満の原因に。

そしてその味に慣れてしまい、
今度は甘味にも鈍感になってしまいます。

第6の味覚「脂肪味」

また、5種類の味覚に加えて、「脂肪味」という
第6の味覚が発見されています。

デブ味覚の人は、脂肪味にも鈍感と考えられています。

脂肪味に鈍感になると
脂肪を食べても消化の準備が始まらず、
満腹になるまで、たくさん食べ物を食べてしまい、
カロリーの増加につながります。

しかし、1日1杯「味覚改善出汁」を飲むだけで
デブ味覚が改善できるようになるといいます。

デブ味覚改善出汁のレシピ

デブ味覚改善出汁

『材料』(2週間分)
鰹節 30g

煮干し 10g

刻み昆布 10g
※塩なしのもの

緑茶 5g 

配合だし

『作り方』
1.中火にかけたフライパンで
鰹節と煮干しをからいりする

配合だし

2.①ときざみ昆布と緑茶をミキサーにかけ
パウダー状になればできあがり!

密閉容器に入れれば冷蔵庫で約2週間保存できます。

配合だし

このだしを大さじ1程度を器に入れ
150cc~200ccのお湯を注いで飲むだけ。

味覚が敏感な朝に1杯飲むようにすると
うま味・脂肪味の改善に繋がります。

さらに、残った粉を食べると
より効果が期待できます。

番組で10日間挑戦した人は
L/H比(動脈硬化の指標)が改善されたり
内臓脂肪が減少したりしていました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ