教えてもらう前と後:トマトチーズ発酵鍋のレシピ!ミシュラン「鈴なり」の 村田明彦さん

チーズ発酵鍋

2019年11月5日放送の「教えてもらう前と後」

発酵食材を使った「発酵鍋」は、
美味しくて健康効果もあり今話題の健康鍋。

7年連続ミシュランに選ばれた日本料理の名店「鈴なり」の
村田明彦さんから発酵鍋のレシピを教えてもらいます。

発酵鍋の決め手となるトマトだしとそれを使った
トリプルチーズ発酵鍋のレシピの紹介!

スポンサードリンク

トマトだしのレシピ

発酵鍋の決め手となるトマトだしの作り方。

トマトジュースには、うま味成分のグルタミン酸が
たっぷり入っているので、麺つゆと合わせることで、
うま味が倍増するとのこと。

めんつゆにトマトジュースを加えるだけ
の超簡単だし。

『材料』
めんつゆ:1

水:3

トマトジュース:7

『作り方』
1.めんつゆを水で薄める

2.①にトマトジュースを合わせてできあがり

※麺つゆ1に対して、水が1、トマトジュース7の割合で
作るのがオススメ。

チーズ発酵鍋のレシピ

カマンベールチーズのトリプル発酵鍋。

トリプルは①白味噌、②キムチ&白菜漬け、③カマンベールチーズ

『材料』
トマトだし

白みそ

鶏もも肉

ささみ

キムチ

白菜漬け

生の白菜

『作り方』
1.鍋にトマトだしを入れて火にかけ、白みそを加える

2.鶏もも肉、ささみを入れ
白菜の芯を千切りにして入れる。

3.真ん中に切り目を入れたカマンベールチーズを
丸ごと入れる。

4.周りに白菜の葉、白菜漬け、キムチを入れて
ふたをして中火でと煮立ちさせたらできあがり。

※ちょい足しをするのであれば、
オリーブオイルがオススメ。

シメにはゆでたパスタを入れて、
ひと煮立ちさせていただきます。

白菜の鮮度を保つワザは?

答えは芯を切り取る。

芯を切ることによって、成長が止まる効果があるとのこと。

丸ごと買ったときは、爪楊枝を3本ほど刺すとよい。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ