嵐にしやがれ:ご飯のお供デスマッチまとめ!バターフィールドやそぼマヨ

ごはんのお供、佃煮

2019年11月9日放送の「嵐にしやがれ」
岡村隆史参戦!ご飯のお供デスマッチ!

ここではの紹介!

スポンサードリンク

糸島金山寺納豆

『福岡の新感覚納豆』

福岡県糸島市の総菜畑がんこのお母さんが作る
糸島金山寺納豆は
全て手作りのため、常に品薄状態。

糸島産大豆で作られた百姓納豆を使用し、
九州醤油で味付けしたニンジンなどに
納豆、米こうじを入れて煮付けています。

そぼマヨ プレミアム・プレーン

『神戸牛で作るそぼろマヨ』

ネット注文が4か月待ちのご飯のお供。

神戸市にある「肉料理 かまや」で作られていて
2時間で1万個売れたという商品。

神戸牛のもも肉とバラ肉を使っていて
弱火で煮詰めて肉そぼろを作り、
独自の配合をしたマヨネーズを合わせます。

大手お取り寄せサイトで
1位から5位までを独占した大ヒット商品です。

バターフィールド(うに)

『稚内の絶品バター』

スポンサードリンク

川島旅館で作っているご飯のお供。

使うのは
乳脂肪分が豊富な豊富牛乳から作ったバターと
最高級品のエゾバフンウニの塩漬けを
混ぜ合わせた一品。

熱々のご飯にのせて醤油を少し垂らして
いただくのがおすすめ。



サラフワコンビーフ

『2か月待ちのコンビーフ』

サラフワコンビーフのお取り寄せは
こちらからどうぞ↓
サラフワコンビーフ

東京・西荻窪にある「フランクフルト」は
手作りのソーセージやハムのお店。

こちらで爆売れしているご飯のお供が
サラフワコンビーフ。

オーストラリア産の牛もも肉を塩水につけ
圧力鍋で3時間半煮込めばほろほろのお肉が完成。
それを手作業で空気を含ませてほぐします。

秘伝の特製スパイスで味付けして一晩寝かせると
「サラフワコンビーフ」が完成。

アツアツのご飯に卵黄を乗せてコンビーフ丼にすると
美味しいとのこと。


山わさび 白醤油漬け

『北海道の山わさび白醤油漬け』

北海道札幌市のトヤマで作られています。

十勝産の山わさびを使用。

普通のわさびよりも辛みが強く
鼻にツーンと抜ける香りが特徴です。

白醤油とたっぷり合わせて
「山わさびの白醤油漬け」ができあがり。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ