ゲンキの時間:口呼吸を鼻呼吸にさせる「あいうべ体操」&「腹式呼吸」のやり方!

口、舌、女性

2019年11月10日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
~風邪・喘息・疲れがとれない~実は恐ろしい口呼吸

口呼吸を鼻呼吸にさせる!

今すぐ自宅でも出来る簡単呼吸法
「腹式呼吸」&「あいうべ体操」のやり方の紹介!

スポンサードリンク

口呼吸が様々な不調を招く原因に

口呼吸は、風邪、虫歯、疲れ、ぜんそくなど
様々な不調を招く原因となるといわれています。

風邪をひきやす

ウイルスや細菌が喉に付着しやすくなるため、
風邪をひきやすくなります。

虫歯や歯周病になりやすい

口の中が乾燥して唾液が減ってしまい、
細菌が増える原因になり
虫歯や歯周病につながります。

睡眠時無呼吸症候群

口呼吸になってしまう人は、
口の周りの筋肉や舌の筋肉が衰えている
可能性があるため、
横になった時に舌が喉の方に落ちて気道を塞ぎ、
呼吸が止まるリスクが上がってしまいます。

口呼吸になる原因

鼻づまり

鼻づまりのせいで口で息をするようになり、
口呼吸が癖になってしまいます。

口輪筋の衰え

口輪筋は口の周りにあり、
口を開けたり閉じたりする時に使う筋肉。

口輪筋の衰えも、口呼吸の原因の一つに。

口輪筋チェック法

口笛で「ドレミファソラシド♪」を
吹いてみてください。

高音が出ない場合は口輪筋が衰えている可能性が
あります。

口呼吸の改善法

口呼吸の改善法は
腹式呼吸とあいうべ体操の2つ。

腹式呼吸のやり方

1.お腹を膨らませる。

2.鼻で息を吸う。

3.お腹をへこませながら口から息を吐く。

スポンサードリンク

慣れてきたら、息を吸うのとお腹を膨らませるのを
同時に行います。

慣れたら日常生活の中で、習慣づける事が大切。

例えば、外出前・食後などタイミングを決めて
行うようにすると、鼻での呼吸を自然と意識
できるようになります。

腹式呼吸は、自律神経に働きかけるため
リラックス効果が得られるとともに、
腸を刺激する事で便秘改善にもつながります。

あいうべ体操のやり方

口を大きく開き「あー」
口を横に大きく広げて「いー」
口を前に突き出すように「うー」
あご先に向かって舌を突き出し「べー」

10回1セットを1日3セット行うとよい。

口輪筋や舌の筋肉を鍛える事で
口呼吸を改善し、感染症予防の効果も
期待できます。

ある小学校ではこの体操を日課にしたところ、
児童のインフルエンザの罹患率が減少したという
データもあります。

あいうべ体操の本と動画

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ