シューイチ:又吉直樹&光浦靖子のおすすめの本!神保町食べヨムツアー

本、カフェ、休憩

2019年11月17日放送の「シューイチ」
シュー1 プレミアム

今回は「読書好き芸人とグルメをめぐる
神保町食べヨムツアー」の第2弾。

今回は又吉直樹さんと光浦靖子さんです。

スポンサードリンク

読書好き芸人とグルメをめぐる神保町食べヨムツアー第1弾

読書好き芸人とグルメをめぐる神保町食べヨムツアー第1弾では
光浦靖子さんとカズレーザーが神保町の本屋とカレーをめぐりました。

カズレーザーさんが紹介した「ケーキの切れない非行少年たち」は
放送後に反響を呼び発行部数30万部を突破したのだそうです。

ケーキの切れない非行少年たち

人間

又吉直樹さんの3冊目の小説「人間」が
好評発売中。

読書好き芸人とグルメをめぐる神保町食べヨムツアー第1弾

津原泰水「綺譚集」

又吉さん絶賛の本。

2004年発表。
15編の幻想的な物語を集めた短編集。

「メチャメチャおもしろい」と又吉さん。

短編ごとに文体を変えているのだそうです。

犬身

光浦靖子さんおすすめの「いま読んでほしい一冊」

『知らない世界を体感できる一冊』

スポンサードリンク

主人公が犬になってしまうという設定。

犬の目ってこうやって人を見てると思うぐらい
引き込まれるのだそうです。

1つの恋愛の形。
だからこそ賛否両論あるのだそうです。

西加奈子の「おまじない」

又吉直樹さんおすすめの「いま読んでほしい一冊」

『すべての女性を肯定し元気づける一冊』

直木賞作家の西加奈子先生が去年発表。
新境地となる待望の短編集。

主人公は切実な悩みを抱える8人の女性。

そんな女性に
なにげないけど光となる魔法の一言を
やさしい目線で描いています。

柳美里「ねこのおうち」

芥川賞作家の柳美里先生が
猫の家族を通して生きる哀しさと
きらめきを描く感動作。

野良猫に戻ったニーコが
6匹の子猫を出産を通し、
人間社会や命の尊さを描く。

ブラマヨ吉田敬「黒いマヨネーズ」

ブラマヨ吉田さんが日常を毒と笑いで綴った
今年発売のエッセー集。



食べヨムツアーで食べたお店

ランチョン

・ビーフパイ

・オムレツ ホワイトソース添え

♪————————-♪
お店:ランチョン
住所::東京都千代田区神田神保町1-6
♪————————-♪

キッチン南海 神保町店

1日400食出る「カツカレー」が人気。

♪————————-♪
お店:キッチン南海 神保町店
住所:東京都千代田区神田神保町1-5
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ