映画「すみっコぐらし」逆詐欺映画!と人気の理由 :ZIP

2019年11月20日放送の「ZIP!」のSHOWBIZ。

今、子どもたちに大人気で
映画化された「すみっコぐらし」の
大人も感動できる作品の秘密に迫ります。

スポンサードリンク

映画「すみっコぐらし」

メジャーの映画は全国800ヵ所以上で上映されますが
「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
は小規模の114ヵ所の上映です。

その環境の中、最新の映画ランキングでは
公開2週目でランクアップの第2位となりました。

すみっコぐらしは絵本などが260万部以上売れ、
今年の日本キャラクター大賞を受賞している作品。

映画「すみっコぐらし」のヒットの理由

ヒットの理由は、
子どもからのキャラクター人気だけではありません。

映画を見た大人が
「子供向けだろとか侮ると涙腺絶唱するレベル」や
「逆詐欺映画でした」など、
涙する大人が続出しています。

映画 「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は
迷子になったひよこの家を探す物語。

「すみっコぐらし」の魅力は
子どもの頃に戻れること。

「すミッコ」たちの台詞はなし。

井ノ原快彦さんと本上まなみさんのナレーションで
物語が進むため、絵本の読み聞かせに感じるのです。

脚本担当の角田貴志さんにヒットの心境を聞くと
全く予想外で、泣かせに行こうとかは思ってなかった
とのこと。

しかし、大人をターゲットにすることは決めていたそうで
親子みんなで、すミッコファンが楽しめるように
考えて作っていたとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ