主治医が見つかる診療所:カンタン腎臓体操のやり方!ダイエット効果も

体操、運動、ストレッチ

2019年11月28日放送の「主治医が見つかる診療所」
オシッコで早期発見!!8人に1人の新国民病SP

ここでは上月正博先生のたった10秒!腎臓体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

上月正博(こうづきまさひろ)先生

川平内科の上月正博(こうづきまさひろ)先生は
腎臓病と運動の関係について研究しています。

かつて医学界では腎臓病患者の運動はタンパク尿が増え
腎臓に負担をかけるため良くないと考えられていました。

しかし、上月先生は慢性腎臓病患者にも運動効果があることを発見したのでした。

今では腎臓病の運動療法のパイオニアとして世界から注目されています。

そんな上月先生が最新理論をもとに考案したのが腎臓体操。

動脈硬化の改善の他、血圧改善やダイエット効果なども期待できるといいます。

スポンサードリンク


カンタン腎臓体操のやり方

かかとの上げ下ろし

1.肩幅に足を広げる

2.息を吸って息を吐きながら5秒かけてかかとを上げていく。

3.息を吸って息を吐きながら5秒かけてかかとをおろす。

1日10回×3セットがおすすめ

足上げ

動作を行うときは息を吐きながら行います。

1.安定した椅子の背に片手を置く。

2.イスに置いてある手とは逆側の足を
息を吐きながら5秒かけてひざを曲げながらゆっくり上げる。

3.5秒かけて後ろに下げる。

4.5秒かけて足を下ろす

5.反対の足も同様に行う

1日左右5回ずつ×3セット

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ