めざましテレビ:親子でハマる最新おもちゃ!サプライズトイやドローン、変身ロボほか

おもちゃ、木彫り

2019年12月4日放送の「めざましテレビ」のココ調。

クリスマスを前に盛り上がるお店といえばおもちゃ屋さん。
売上を見てみると1年で12月が最も売れています。

最近のおもちゃは子どもだけではなく大人もハマるほど進化しています。

そこで今回は「親子でハマる“最新おもちゃ”大人も魅了する理由を徹底調査」

スポンサードリンク

親子でハマる“最新おもちゃ”

リズモ

「博品館」というお店でいちばん売れているというおもちゃ。

箱から出すと毛玉のようですが目が光っています。

そして「お友達」と声をかけると「お友達」としゃべり返し
しっぽのようなものが登場!

さらに、声をかけるとお人形に大変身!

これは進化を遂げるお人形だったのです。

サプライズトイといい、
中身がわからず、びっくりする仕掛けがあるおもちゃ。

【大人がおもちゃにはまるポイント】
・ペット代わり
・コミュニケーションツール


おっきなうまれて!ウーモ ララコーン

また、サプライズトイは他にもあります。

こちらははじめはタマゴですが
揺らしたり、なでたりすると殻から出てきて
およそ70cmまで成長します。


新幹線変形ロボ シンカリオン ALFA-X

また、昔からあるけど進化したおもちゃも。

こちらは一見ロボットに見えますが
実は解体していくと新幹線の変身ロボット。

プラレールが進化したおもちゃ。

【大人がおもちゃにはまるポイント】
子どもはもちろん、大人も懐かしくて楽しめる



拳闘士ガチンコファイト

大人が子供時代からあるモノです。

1989年に登場したボクシングのおもちゃ。

昔のモノはグローブに手を入れて遊びましたが
新しいタイプは何も持っていません。

よく見ると、黒いところにカメラがついています。

今年発売の進化したこのおもちゃは
センサーがパンチに反応して動きます。

スポンサードリンク



ボルダリングレース

来年の東京オリンピックに正式採用されたスポーツクライミングのおもちゃ。

左右のレバーを操作して壁をよじ登り、
誰でもボルダリング気分が楽しめます。



GraviTrax スターターセット

大人気だというこのおもちゃの対象年齢は8歳から99歳。

子供からお年寄りまで楽しめます。

箱から出すとバラバラのパーツ。

自分でコースを組み立てて、
ボールを走らせる累計30万個販売のヒット商品。

1980年代からこういうおもちゃはありましたが、
進化をとげて、ボールが回転したり、宙を飛んで着地したりします。

重力や磁力、動力といったものを
学びながら遊べるおもちゃです。


キューバメイズ ビッグボックス カワダ

透明のコースを通ってバウンドさせるおもちゃ。



NEWくみくみスロープたっぷり100

光るボールを走らせるおもちゃ。



ブーントリックス

レールはなく、トランポリンのように空中を飛び跳ねて
ゴールを目指すというおもちゃ。


スピニングスター

子どもから大人まで簡単に操作できるドローンも。

スイッチを入れればドローンが飛び立ちます。

センサーが手に反応し、
コントローラーなしで操ることができます。

はじめてでも簡単にコントロールできます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ