教えてもらう前と後:足のむくみをとる方法!10分で解消する効果的な方法とは?

かかと、足、足裏

2019年12月3日放送の「教えてもらう前と後」の
放っておくとキケン!?「むくみ」を知る前と後

むくみのチェック法や10分でできる
効率の良いむくみが解消できる方法などの紹介!

スポンサードリンク

足のむくみ

教えてくれるのは、
むくみ外来がある下北沢病院副院長の長崎和仁先生。

「足のむくみ」は、放っておくとかゆみやセルライトを引き起こしたり、
足が冷える原因になもまります。

むくみ度チェックのやり方

まずはむくみ度をチェック。

1.足を握りこぶしひとつ分開けて立つ

2.両腕を耳の横につけてまっすぐ上に伸ばす

3.かかとが床から離れないようにゆっくりしゃがむ

うまくしゃがめず倒れてしまう人は要注意!

できなかった人はふくらはぎの筋肉であるヒラメ筋やか腓腹筋、
もしくは足首が固くてうまく筋肉が動かないという事が考えられます。

そもそも下肢の静脈の血液は、重力に逆らって心臓に戻らなければなりません。

それを助けるのが第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉によるポンプ作用。

しかしその機能が低下すると、心臓に戻るはずの血液が停滞。

すると静脈内の圧力が上昇し、血管外に水分がしみ出てしまうのです。

これが“むくみ”と呼ばれるものです。

10分でできるむくみ解消法

むくみの解消はどのようにするととれるのでしょうか?

番組では、アンケートで多かった5つのむくみ解消法を実際に検証しました。

①足を上げる
→寝転んだ状態で足を壁につけ、30度から45度の傾斜をつける

②マッサージ
→座った状態でふくらはぎの筋肉を揉む

③足首パタパタ
→寝た状態で足首を上下にパタパタと動かす

④貧乏ゆすり
→つま先をつけた状態で足をゆする

⑤ローラー
→粘着クリーナーのローラー部分でふくらはぎをコロコロ

時間は10分、足首・ふくらはぎ周りの減少率で争います。
(3人の平均)

結果

1位:マッサージ→2.96%
2位:ローラー→2.89%
3位: 足を上げる→2.23%
4位: 足首パタパタ→2.18%
5位: 貧乏ゆすり→1.60%

この中で最も効果があったのは、マッサージでした!

足首-0.6cm、ふくらはぎ–0.9cm(平均値)の効果が現れました。

マッサージをするときのポイントは
基本は下から上へマッサージすることが重要とのことです。




教えてもらう前と後:和風ドレッシングで10分肉じゃがのレシピ!タケムラダイ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ