にじいろジーン:ミシュランシェフ石田さんの3品のレシピ!鶏肉の赤かぶあんかけ、親子丼、鮭のみぞれ煮

浜田陽子の親子丼

【イメージ画像】

2019年12月07日放送の「にじいろジーン」の
出張!ふるさとクッキング

ミシュラン星付き店の一流シェフが
田舎で腕によりをかけた料理を即興で振る舞います!

今回は、新潟県村上市山北地区(さんぽくちく)。

料理を作ってくれるのはミシュラン一つ星店
乃木坂しんの石田伸二さん。

ここでは3品のレシピのまとめ。

スポンサードリンク

鮭とたっぷり野菜のみぞれ煮のレシピ

『材料』
鮭の切り身 180g

大根 180g

水 400cc

顆粒ダシ 適量

濃口醤油 250g

パプリカ 2個

ピーマン 2個

カボチャ 1/4個

レモン 1/4個

『作り方』
1.鮭の切り身と細く切ったパプリカ、ピーマン、カボチャを180度の油で素揚げにする。

2.水に顆粒ダシを加えダシをとり、濃口醤油とみりんを加え、一煮立ちさせる。

3.素揚げにした③の食材を、②のダシに加えて一煮立ちさせる。

4.おろした大根の水気をきり③に加える

5.最後にレモンを絞って加える

6.⑤を皿に盛りつけて、レモンの皮を削ってかけてできあがり!



ふわとろ玉子の本格親子丼のレシピ

『材料』(2人分)
卵 4個

鶏モモ肉 150g

顆粒ダシ 少々

水 100cc

うす口醤油 大さじ1

みりん 大さじ1

白ネギ 5g

焼き海苔 適量

『作り方』
1. 鶏肉を皮ごと、一口サイズに切る。

ねぎは斜め薄切りにする

スポンサードリンク

2.卵を4個を用意し、3個は全卵、1個は黄身だけにして分けて置いておく。

3.フライパンに水と顆粒ダシ、調味料を入れ一煮立ちしたら、鶏肉と切ったネギを入れ火入れする。

4.火が通ったら、フライパンの中に全卵3個を加える。
※白身は黄身に比べて火の通りが遅いため、火の通りやすいフライパンの縁(外側)のほうへ白身を、
黄身を中央にもっていくようにして熱を入れる。

5.白身が白くなり、半熟の状態になったら火を止め、黄身を加え軽く混ぜる。

6.⑤をご飯の上にかけて、焼き海苔をふってできあがり!



鶏肉と野菜の赤かぶあんかけのレシピ

『材料』(2人分)
赤カブ 100g

鶏肉 100g

顆粒ダシ 適量

水 150cc

米酢 100g

濃口醤油 大さじ1

塩 適量

片栗粉 大さじ1

ヤングコーン 4本

キャベツ 1/4個

『作り方』
1.赤かぶを半分皮ごとすりおろし、あとの半分は2~3cm幅に切り、塩を振って置いておく

2.鶏肉の筋を取って、少し油を引いたフライパンで塩をふって、皮から焼いていく。

3.鶏肉が焼けたらフライパンから外し、鶏肉の旨味が出ているそのフライパンで①の置いておいた赤かぶを焼く。

4.キャベツを食べやすい大きさに切り、ヤングコーンと一緒にフライパンで炒める。

5.鍋で水、顆粒ダシ、濃口醤油を合わせダシをとり、すりおろした赤かぶとお酢を加えてひと煮立ちさせる。

6.⑤に水溶き片栗粉を加え、とろみをつけてあんを作る。

7.焼いた赤かぶと鶏肉、野菜を皿に盛り付け、その上から6の赤かぶのあんをかけてできあがり。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ