この差って何ですか:インフルエンザがうつる人、うつらない人の差

マスクの女性

2019年12月10日放送の「この差って何ですか?」の中の

「インフルエンザがうつる人」と「インフルエンザがうつらない人」の差について紹介!

スポンサードリンク

「インフルエンザがうつる人」と「インフルエンザがうつらない人」の差

国立感染症研究所 長谷川秀樹医学博士によると
インフルエンザは感染ルートを正しく理解しているかどうかで差が出るとのこと。

毎年その患者数は推定1000万人、
日本人の約10人に1人がインフルエンザにかかるといわれています。

人はインフルエンザウイルウイルスを鼻や口から吸いこんでしまうと
そのウイルスがのどの奥にある細胞内に入り込むため、インフルエンザにかかってしまうのです。

予防接種は重症化を防ぐ目的なので
予防接種を受けていてもインフルエンザにかからないわけではありません。

インフルエンザの感染ルートはおもに2つ

飛沫(ひまつ)感染」

くしゃみや咳などでインフルエンザウィルスを吸い込んで感染すること。
実験では菌が最大3m飛びました。

つまり、満員電車の中で感染者がくしゃみをすると、
3m以内の人が感染する可能性があります。

スポンサードリンク

「接触感染」

感染した人が触れた場所やモノに触れることで感染する可能性があります。

インフルエンザウィルスは接触感染でどれくらい広がるのかを
長谷川先生の立ち合いのもとで7人家族で検証。

ご主人
奥さん(お母さん)
おばあちゃん
5歳の双子のお子さん
11歳の女の子(お姉ちゃん)
16歳の女の子(妹さん)

まず、お父さんの手にウイルスに見立てた塗料を塗ります。

普段通りに生活して2時間。

2時間後に蛍光塗料が家族の誰に付いているか検証します。

お父さんが直接触った双子の子ども2人には蛍光塗料は当然ついていました。

そしてお父さんと直接触れていない、
お母さん、お姉さん、妹さんにの3人にも顔に塗料がついていました。

お姉さんは、お父さんが部屋を出た後、お父さんが触れたドアノブから感染。

妹さんは、双子とボール遊びをして、そのボールを触った手で顔を触ってしまいました。

続いてお母さんは、双子を触ったので手から蛍光塗料がうつされました。

おばあちゃんにはあまり蛍光塗料が付いていませんでした。
それは水仕事を多くしていたため、手についた塗料も流されたためです。

検証した結果は、
たったの2時間で6人中、5人が感染してしまう結果に。

長谷川先生によると、感染ルートは自然と触る部分が多く

「階段の手すり」

「テレビのリモコン」

「スナック菓子の袋の内側」

などでも接触感染の可能性があるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ