教えてもらう前と後:超簡単小型ドローン4選!いちおしはTello(テロ)

ハートの空

2019年12月10日放送の「教えてもらう前と後」の
大進化 今こそ始めたい超簡単ドローン

超簡単に始められる進化したドローンや小型ドローンの紹介!

スポンサードリンク

今こそ始めたい超簡単ドローン

アンタッチャブルの山崎弘也さんがドローンについて
女性だけのドローンサークル「ドローンジョプラス」に
教えてもらっていました。

今回ドローンについて教えてくれたはリーダーの梅澤裕佳さん。

操作が難しいイメージがあるドローンですが、
今はものすごく簡単になっているとのこと。

air selfie2

こちらはair selfieです↓

スマホで操作できる自撮り用ドローン。

手にのせて浮かせば飛びます。

顔認識機能を搭載し、人物を自動追尾します。

自撮り棒だと全員を写真に収めるのが難しいですが、
ドローンのエアセルフィー2なら、バランスの良い集合写真を撮ることができます。



Tello

梅澤さんがイチオシのドローン。

80gしかない「Tello」。

スマホを使って誰でも操縦できるうえ、1万円台なのに高画質でプロ並みのクオリティーで撮影できます。

専用のアプリをダウンロードしてスマホで操縦。

1タッチで離陸します。

自動でホバリングするため落ちる心配もない。

矢印の方向に合わせればドローンが帯同してくれます。

LUCIDA(ルシーダ)

ドローンは小型化していて、11月に発売されたばかりの「LUCIDA」は重さたった34g。

フルハイビジョンで撮影することができます。


DRONE STAR 01

最も小型の18gの「DRONE STAR 01」。


ドローンの規制は?

重さ200g以上のドローンは禁止事項がたくさんありますが
重さ200g未満のドローンは多くは対象外。

200g未満なら空港周辺や私有地や混雑地以外なら気軽に楽しめます。

なので初心者は重さ200g未満のドローンがおすすめ。

ザキヤマさんも楽しそうにドローンを操作していました。



身近になったドローンは意外な活用法も。

台風が来たときに屋根が破損していないか確認したり、
会社の駐車場に落ち葉がすごくたまるので
ドローンを飛ばして風圧で落ち葉を集めて掃除をしたりしているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ