ガッテン:塩麹豆腐のレシピ!チーズの味わいに

チーズとごま油でやみつきおつまみ

【イメージ画像】

2019年12月11日放送の「ガッテン」
野菜ファースト・カット野菜・塩こうじ 食卓の革命児大集結SP

肉だけじゃもったいない!
“生きている調味料”塩こうじパワー徹底活用新レシピ

ここではチーズのような味わいになる塩麹豆腐のレシピの紹介!

スポンサードリンク

塩麹

塩麹は肉や魚をやわらかくおいしくする働きがあります。

実験でもブリの切り身、サバの切り身、牛肉、豚肉、鶏肉のすべてが
そのまま焼くよりも塩麹付の方がうまみがアップしていました。

最近では粉末塩麹や透明な塩麹も売られています。

スポンサードリンク

塩こうじブームの火付け役・浅利妙峰さんの本↓

塩麹豆腐のレシピ

塩こうじブームの火付け役・浅利妙峰さんがオススメのレシピ。

『材料』
木綿豆腐  1丁

塩こうじ  適量
(水切りをした後の豆腐の重量の15%~20%が目安)

『作り方』
1.豆腐は横に半分に切り重石を乗せしっかり水切りを3時間ほどする。

※水切りが甘いと傷みやすくなるためここで水切りをしっかりすることがポイント!

2.水切りした豆腐をキッチンペーパーの上にのせ、豆腐の上に塩こうじを半分塗り、
残りをひっくり返した表面と周りに塗る

3.②をキッチンペーパーで包み、その上からさらにラップで包み冷蔵庫で3~5日置く。

※徐々にこうじの酵素パワーによる熟成が進み、
日ごとにチーズのような風味が強くなっていく変化が楽しめます。

漬けて1日後からでも食べられます。

一週間以内には食べ切ってください。

また、豆腐の賞味期限がある場合はそれに従ってくださいね。




ガッテン:冷やしトマトの塩麹かけのレシピ!塩こうじ活用術

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ