メレンゲの気持ち:片岡シェフのイタリアンレシピのまとめ!鶏もものグリルのディアボラ風、パスタほか

トマトパスタ

2019年12月14日放送の「メレンゲの気持ち」の
突撃!芸能人のお宅で昼ごはん

久本雅美さんが片岡譲シェフのお宅へ。

イタリアン料理の火付け役片岡譲シェフの自宅でお昼ご飯!

片岡譲シェフが作ったレシピのまとめ

スポンサードリンク

片岡護シェフ

イタリア料理界の巨匠・片岡護シェフのお宅。

東京・西麻布で36年愛される「リストランテ アルポルト」のオーナーシェフの
片岡護シェフが作ってくれるのは、旬の食材を使ったイタリアンランチ。

片岡護シェフは数多くのレシピ本も出版しています。

片岡シェフは孫のために離乳食作りをつくっているそうで、
本まで出したとのこと。

普段の食事は奥様が作る和食が中心なのだそうです。

片岡シェフのお気に入りのオリーブオイルは「Mulino al di la dell Acqua」。
白菜の漬物にかけて食べると美味しいとのことです。

ただ1瓶5000円ぐらいするそうで、こちらはサラダに。

そしてアルメナーラはもう少し安いのでバンバン料理に使っているとのことです。

アルメナーラ↓



特製トマトソースのレシピ

『材料』
玉ねぎ

スポンサードリンク

にんにく

ホールトマト

オリーブオイル

『作り方』
1.フライパンにたっぷりのオリーブオイルを熱し、
刻んだ玉ねぎ・にんにくを加えて1時間ほどゆっくり炒める。

2.ホールトマト、水を加え、40分ほど煮詰めたらできあがり。

作り置きして様々な料理に使えます。



トマトソースのピザトーストのレシピ

『材料』
パン

特製トマトソース(上記参照)

生にんにく

モッツアレラチーズ

アンチョビ

パルメザンチーズ

オレガノ

オリーブオイル

『作り方』
1.パンに生にんにくを擦り付け、特製トマトソースをたっぷり塗る。

2.①にモッツアレラチーズ、アンチョビをのせる。

3.パルメザンチーズ、塩、オレガノをふりかける。

4.オリーブオイルをたっぷりかける。

5.オーブントースターで3分ほど焼けばできあがり。



アマトリチャーナパスタのレシピ

アマトリチャーナパスタ

『材料』
パスタ

塩(パスタをゆでるとき用)

玉ねぎ

べーコン

にんにく

オリーブオイル

白ワイン

特製トマトソース(上記参照)

オリーブオイル

パルメザンチーズ

『作り方』
1.フライパンにオリーブオイルをひき、
刻んだニンニク、ベーコン、玉ねぎを炒める。

2.白ワインを入れ、特製トマトソースを加えて10分ほど煮詰める。

3.鍋にお湯を沸かし、塩を加えパスタをでゆでる。

4.③を②に入れてソースを絡ませる。
オリーブオイル、パルメザンチーズを加えて軽く炒める。

5.お皿に盛り、パルメザンチーズを削りながらかけたらできあがり。



鶏もものグリルのディアボラ風のレシピ

鶏もものグリルのディアボラ風

『材料』
鶏もも肉 

塩 

こしょう 

オリーブオイル 

にんにく

『作り方』
1.鶏もも肉に塩、こしょうをふってしっかり下味をつける。

2.温めたフライパンにオリーブオイルをたっぷり入れて、
鶏肉の皮を下にして焼いていく。

潰したニンニクを上に乗せ、おもしを上に乗せて押し付けながら
弱火で15~20分ほどじっくりと焼く。

※鶏もも肉の皮面が押し付けられるのでカリッと焼き上がります。

鶏もも肉のディアボラ風

3.ひっくり返して、裏面も焼く。
※裏面を焼く時は、おもしを乗せずにそのまま焼く。

4.お皿に野菜を盛り付け、③を食べやすく切って乗せできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ