スッキリ:冬に発症“ウィンターブルー”(冬季うつ病)とは?簡単予防法

頭痛や風邪の病気の女性

2019年12月19日放送の「スッキリ!」

冬に発症“ウィンターブルー”とは?
ウインターブルー予防法などの紹介!

スポンサードリンク

“ウィンターブルー”とは

冬になると
「いくら寝ても眠い」
「体がだるい・疲れがとれない」
「甘いもの・炭水化物に手が出る」
などの症状が出る人は
ウィンターブルーの可能性があるとのこと。

“ウィンターブルー”は特に女性に多く見られる病。

浜松町こころのステーションクリニック・石井辰弥院長は
「冬季うつ」ともいわれるもので、通常のうつとは違い、
秋から冬にかけて多くなるといいます。

通常のうつ病は「よく眠れない」「食欲の低下」などの症状に対し
ウインターブルーは「眠くて朝おきられない」「食欲の増加 」
などの症状が起きます。

ウインターブルーの原因は?

原因はまだ解明されていませんが
太陽の光を浴びる時間と関係があると言われています。

人間は光を浴びることで
幸せホルモンと呼ばれる脳内物質「セロトニン」が分泌され
やる気・集中力UP!

しかし、冬は日照時間が短くなることで光を浴びる時間が減り、
セロトニンが減少、しやる気や元気が出づらくなり
ウインターブルーにつながっているのではないかと言われています。

日本では100人に2人の割合で発症。

女性が多く男性の3倍になるといわれています。

ウィンターブルーチェックリスト

・いくら寝ても眠い

・体がだるい・疲れがとれない

・甘いもの・炭水化物に手が出る

・家事や仕事に時間がかかったりやる気が出ない

・体重が増えた

5項目中3つ以上あてはまると可能性あり。

チェックをつけた症状が2週間続いたり、
日常生活に支障が出る場合は受診がおすすめ。

ウィンターブルーは
「季節性感情障害」と呼ばれるうつの一種。

症状は倦怠感、過食、仮眠。

重症化すると毎年発症、慢性化、
自殺の可能性もあるとのことです。

ウィンターブルー”予防法

・30~1時間ほどの日光浴をする
午前中が効果的。

・忙しい人は窓際で作業する

なかなか難しい人もいると思いますが、
少しでも日に当たろうと意識をするだけでも
違ってくるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ