ホンマでっか:乾燥肌対策の昆布風呂の入り方!

お風呂でおもちゃ

2019年12月18日放送の「ホンマでっか!?TV」
粉ふき乾燥肌を救えSP

ここでは乾燥肌対策の昆布風呂の入り方の紹介!

スポンサードリンク

「昆布風呂」に入ると乾燥肌が和らぐ!?

安井肇先生は、北海道大学の教授を務め、
北海道科学技術賞を受賞した昆布のスペシャリスト。

昆布は海の中でミネラルなどの栄養を吸収して非常に高濃度になっているので、
昆布を自宅の風呂の中に入れると、昆布風呂ができるとのこと。

水道水は肌に刺激が強いですが、昆布のミネラルで緩和するそうです。

また、昆布のネバネバ成分(多糖類)により、
約30分でまったりしたお湯になり、これが保水効果が良いとのことです。

そして、使用する昆布は
新品の昆布のほうが効果が大ですが、
使用後の昆布でもそれなりに効果はあるとのことです。

スポンサードリンク

大きさは10cm×10cmくらいの昆布でよいそうで
刻んでパックに入れて使えば良いとのことです。

また、細かくした方が多く成分が出やすいとのことです。

昆布風呂

昆布のニオイが体につくんじゃないかという質問には
「そんなにしないと思います。」との事。

昆布風呂の頻度は安井先生は
1週間に1回ぐらいのぺースで入っているそうです。

安井先生乾燥肌をチェックすると「数値が25以下が乾燥肌」なのですが、
64歳の安井先生は「40」もありました。

さらに昆布風呂には切り傷や皮膚の炎症などを鎮める効果もあるとのことです。

「昆布風呂」の入り方

『用意するもの』

・昆布10cm×10cm
※新品の方が効果がありますが,
だしなどを取った昆布でもo.k

・出汁パックの袋

『使い方』
1.昆布を刻む

2.だしパックの袋に入れる

3.お風呂に入れてはいる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ