この差ってなんですか:一番太りやすい鍋は?「舞茸」が太るのを防ぐ

鶏すき鍋

2019年12月24日放送の「この差って何ですか?」

寄せ鍋・水炊き・坦々鍋・しゃぶしゃぶ
・すき焼き・豆乳鍋・キムチ鍋・モツ鍋。

どの鍋が太りやすいかランキングで紹介!

スポンサードリンク

太りやすい鍋は?

鍋料理は、野菜もたくさん食べるから太らないと思っていたら
大間違いなのだそうです。

実は鍋の種類によって太りにくい鍋と太りやすい鍋があるとのこと。

管理栄養士の赤石定典先生を迎えて、
定番人気8種の鍋料理

・寄せ鍋・水炊き・坦々鍋・しゃぶしゃぶ
・すき焼き・豆乳鍋・キムチ鍋・モツ鍋。

の8種類の鍋を太りやすい順にランキング形式で発表。

太りやすい鍋ランキング

太る指標として正しいのは「カロリー」ではなく、
「糖質」と「脂質」から「たんぱく質」と「食物繊維」を引いた数値が
「太りやすい〜値」

1位:すき焼き

すき焼きと言えば、甘い割り下。
標準の調理の4人分でなんと砂糖の量が角砂糖30個分使われています。

加えて、使われている牛肉にも、太りやすい理由が。

「すき焼き」で食べるお肉は、圧倒的に脂肪の量が多い。

100g当たり、「かたロース」は脂質が37.4g、「リブロース」は、56.5gと
ほぼ半分が「脂」ということになります。


2位:しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶはたしかにしゃぶしゃぶすることでお肉の油は落ちていますが、
野菜に脂がくっついているのだとのこと。

結局、野菜で脂をとってしまい太ってしまう。

さらに、使われている「牛肉」、「ゴマだれ」にも
脂質が多く含まれているため、太りやすくなってしまいます。



3位:担々麺

担々鍋は、汁の中にラー油やごま油を使っています。

しかし、使っているお肉が「牛肉」ではなくて「豚肉」。

「豚肉」は「牛肉」と比べて「脂の量」が少ない。

さらにこの「豚肉」には、摂ってしまった「糖質」を
エネルギーに変える効果も!

豚肉は、糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1が
牛肉の10倍入っています。

更に、使われているニンニクに含まれる「アリシン」が
ビタミンB1の吸収率を大幅にUPするため、太りやすい~値が下がるのです。

4位:水炊き



5位:豆乳鍋



6位:キムチ鍋

キムチ鍋も担々鍋と同じで、
豚肉、ニンニクが含まれているので、太りにくい。



7位:もつ鍋

もつ鍋に使われているマルチョウ(牛の小腸)の脂質は
100g当たり26.1gと決して少なくはないですが、
牛肉や豚肉に比べて脂質が少ない。

そして、もつの中でもオススメな部位が「ハツ」。

「ハツ」は脂質をエネルギーに変えてくれる
ビタミンB2の含有量が食材の中でもトップクラス。

なのでマルチョウもハツと一緒に食べれば、
マルチョウの脂質もハツのビタミンB2で消費してくれるのでオススメ!

さらにもつ鍋に乗っているニラにもアリシンが含まれていて、
ビタミンB1の吸収率を上げてくれるため、「太りやすい〜値」は下がるのです。

8位:寄せ鍋

寄せ鍋に使われているえびやタラは「脂質」が圧倒的に少ないため
一番太りにくい鍋となりました。

雑炊、うどん、ラーメン、一番太りにくい締めは?

一番太りにくいのは雑炊です。

「糖質量」をみた場合1食分あたりの糖質量はさほど差はありません。

ただ、「ごはん」に関しては、雑炊はつゆでかさが増しするので、
食べるお米の量が少なくて済みます。



太りにくくなる魔法の食材

お鍋にちょい足しするだけで太りにくくなる魔法の食材ががあるといいます。

それは「舞茸」。

舞茸は鍋で煮ることで溶け出し、太るのを防いでくれる
「MXフラクション」を豊富に含んでいます。

「MXフラクション」は、硬い細胞壁の中に入っていて、
そのまま食べても、体に吸収されにくい。

けれども、100℃ぐらいの温度で、じっくりと10分以上煮ることで、
「MXフラクション」が細胞から出てくる鍋がピッタリなのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ