モーニングショー:ふるさと納税高還元率返礼品トップ3&ポータルサイト利用でさらにお得

プレゼントギフト

2019年12月25日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」の
まだ間に合う!ふるさと納税

高還元率返礼品トップ3や
ポータルサイト利用でさらにお得になる方法の紹介!

まだ間に合う!ふるさと納税

ふるさと納税の手続きは
12月31日までに完了すれば税控除が受けられます。

ただし、申し込みだけではなく
入金手続きの完了が必要です。

ふるさと納税ガイド代表・福田航太さんによると
クレジットカード決済はギリギリまで手続きできるメリットがある。

しかし、31日は各サイトアクセスが集中してやりづらくなったり
売切れることがあるため今週に済ませることがお勧めとのこと。

高還元率返礼品トップ3

還元率90%以上・お得すぎる返礼品トップ3

高還元率第3位

佐賀県白石町の「さのほのか150gx6パック)

寄付金額は6000円、還元率98.7%。

高還元率第2位

第2位:高知県芸西村の「訳ありカツオのたたき1.5kg」

寄付金額は8000円、還元率は99.5%。



高還元率第1位

鹿児島県志布志市の「県産黒毛和牛モモスライス2020g」

寄付金額は2万5000円、還元率は99.9%。



人気の返礼品

申し込みが殺到しているのは北海道・白糠町の「いくらしょうゆ漬け300g」

寄付金1万円。

こちらは内容が少し違います↓

福田航太さんによると
返礼品の満足度調査を行った結果、
一番満足度が高いカテゴリーは“いくら”なのだそうです。

返礼品なしでも人気ふるさと納税・被災地支援

返礼品ナシでも大人気のふるさと納税があります。

「首里城」再建支援プロジェクト

沖縄・那覇市の「首里城」再建支援プロジェクトは
寄付金額の設定は自由。

これまでの寄付総額は約8億円。



台風19号、21号の災害支援

寄付金額は設定自由でこれまでの寄付総額約8億5000万円。

近年、返礼品の内容よりも寄付の目的がはっきりしている
ふるさと納税を選ぶケースが増えているそうです。

ふるさと納税・ポータルサイト利用でさらにお得

寄付金額を安くしたい場合には「ふるなび」

掲載数は4万5000。

金額の“お得さ”を優先したい人はふるなび。

総額100億円還元キャンペーン(12月31日まで)

寄付金の3%をAmazonギフト券で還元。
さらに50回に1回は寄付金額の全額Amazonギフト券で還元。

返礼品がよりお得なのはさとふる

返礼品がよりお得なのはさとふる。

掲載数約7万5000。

ポイント還元はないが
別のポータルサイトより返礼品の量が多いものもある。

それは返礼品の発送をさとふるが請け負っているため
自治体のコストが減るため。

手軽に寄付したいならふるさとチョイス

手軽に寄付したい人はふるさとチョイス。

掲載数約19万7000。

メルカリと提携しているためメルペイでスマホ決済が可能。

振り込みの手間が省けます。

還元率なら楽天ふるさと納税

掲載数約8万8000。

楽天のほかのキャンペーンと合わせて最大30%のポイント還元。

マイルを貯めたいならANAのふるさと納税

掲載数約3万。

寄付金100円につき、1マイル還元。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ