ゲンキの時間:手荒れ撃退法!原因やハンドクリームの塗り方

ツボ、つぼ、手

2019年12月29日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」
老け見えの原因は手にあり!?手荒れ撃退完全マニュアル

ハンドクリームの塗り方や手荒れの原因について紹介!

スポンサードリンク

手荒れ悪化の原因

手荒れが悪化する原因は日常生活にあります。

手荒れで悩む3人に銀座ケイスキンクリニックの廣田朋子先生が
日常生活の様子から原因を指摘していました。

野菜のアク

調理中にも手荒れを悪化させる原因があります。

その一つがほうれん草や里芋、山芋などの野菜のアク。

普段は肌の一番表面にある「角層」のバリア機能で皮膚を保護していますが、
冬の乾燥などで角層の水分量が減少すると角層に隙間ができます。

そこに、野菜のアクなどの刺激物が浸透すると炎症などを起こし、
手荒れの悪化につながります。

塩などの調味料や食器洗い用の洗剤も刺激物となるため、
水仕事の際はキッチン手袋をつけるのがオススメ。


手洗い

インフルエンザなどの予防のために手洗いがすすめられていますが、
石鹸で手を洗いすぎると肌のバリア物質が流れてしまいます。

手荒れを防ぐためには、石鹸で手を洗うのは
帰宅時、大便の後、調理の前、食事の前の最小限に留め、
それ以外は水で洗うようにします。


手がきちんと拭けていない

手がきちんと拭けていないと手荒れを悪化させます。

肌が濡れているとき、角層の中には水が浸透しています。

スポンサードリンク

その水分が蒸発するとき、
角層内部の水分や保湿成分を同時に奪っていくため、
肌の水分量や保湿力が低下してしまいます。

タオルでのふき方

まずは、優しく押さえて水気を吸わせます。
指の間、爪の裏も忘れずにふきます。

タオルは湿り気を感じた時点で取り替えます。

ペーパータオルなどを使用するのもオススメ。


冷え性

角層の奥にある層には、
外からの異物や身体に大切な物質が逃げるのを防ぐ
「タイトジャンクション」というバリアがあります。

しかし、皮膚の温度が28度くらいになると緩み
そこから水分などの成分が蒸発してしまいます。

つまり、冷えによって肌が乾燥するのです。

対策としては
ハンドクリームやグーパー体操がおすすめ。

グーパー体操

冷え性の方は、両手を開いて閉じる
「グーパー体操」で血行を良くしてから
保湿をするのもオススメ。

手荒れを防ぐハンドクリームの塗り方

1.ハンドクリームをたっぷり手に取る。
量は、片手で人差し指の第二関節分

2.手の甲にクリームをなじませ、
反対の手のひら全体で円を描くように塗り込む

3.指は側面・上下を丁寧に塗り、
指5本で包み込みくるくると回しながら塗り込む

4.手のひらも円を描くように塗り込む

5.手首も忘れずに両手に塗る

ハンドクリームについてはこちらも参考にしてみてください↓
あさイチ:ハンドケア!泡タイプの最新のハンドクリームや手荒れを防ぐ方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ